July 29, 2010

あなたの手のかなた

Gospel Soup (98)あなたの手のかなた
 〜Put your hand in the hand of the Man who stilled the water 歌詞/訳

 そういえば今までの人生で1度も「夏ヤセ」というものを、1度も体験したことはないのだがさすがに今年の梅雨明けの酷暑には身体がついていかず、ヘロヘロ(やせないけど)。カーク・フランクリンのライブと、今日の久々の慈雨で、ようやく復活した気分。

 やっぱり夏はアフリカンがいいなあと、3曲が一つになったゴキゲンメドレー。今度友人たちと練習する予定。楽しみだ!

Soweto Gospel Choirバージョンのオリジナル映像



3曲メドレー

Put Your Hand In The Hand>

 Put your hand in the hand of the Man who stilled the water
(あなたの手を、水を静めたあの人の手に置いてごらん=ガリラヤ湖の嵐を静める奇跡をおこしたジーザスの手に、あなたの手をつないでごらん)
 Put your hand in the hand of the Man who calmed the sea
(あなたの手を、海を鎮めたあの方の手に)
 Take a look at yourself, and you can look at others differently
(そして自分自身を見みてごらん、きっと他の人たちのことも違った風に見ることができるから)
 Put your hand in the hand of the man from Galilee
(あなたの手を、ガリラヤから来たあの方の手につないでごらん)
 Just put your hand in the hand of the Man from Galilee
(ただあなたの手を、ガリラヤから来たあの方の手の中に置くだけでいい)
 Put your hands to the Man, look at yourself
(あの方に両手を伸べて、そしてあなた自身をみてごらん)
 Trust in Jesus
(ジーザスへの信頼のもとに)

Joy, Peace & Happiness>
 You have joy, peace and happiness in your soul
(魂の中に、喜び、平安、幸せがある)
 Joy, peace and happiness
(喜びと平安と幸せが)

What a Mighty God We Serve>
 What a mighty God we serve
(私たちが仕えているのは、何と力強い神であることか)
 The angels bow before Him, worship and adore Him
(天使達も、彼の前にはひれふし、彼をあがめる)

*以下繰り返し
 Just put your hand
 Just put your hand in the hand of the man from Galilee
 Joy,peace and happiness in my soul

                       訳:Shinkai
続きを読む

graceshinkai at 17:02|PermalinkComments(8)TrackBack(0)ソウェト・ゴスペル・クワイヤ | 歌詞・訳

June 29, 2010

カーク・フランクリンの最新著作&来日!My life is in your hands訳

Gospel Soup (97) カーク・フランクリン(Kirk Franklin)の最新著作&来日!
             そして、おまけのおちゃらけ映像/My life is in your hands訳


カーク・フランクリンの再々来日も間近!東京・大阪いずれもビルボード(Billboard Live)で。
http://www.billboard-live.com/

  ●東京公演 日程 7/21(水) 〜 7/24(土)
  会場 Billboard Live Tokyo

  ●大阪公演 日程 7/26(月) 〜 7/27(火)
  会場 Billboard Live Osaka

 このカーク、今年の5月に2冊目の著作The Blueprint: A Plan for Living Above Life's Stormsを出版している。

The Blueprint: A Plan for Living Above Life's Storms
The Blueprint: A Plan for Living Above Life's Storms



 ん〜。第1作の著作「Church Boy」は、自分の半生を記した自伝的な話で、心に沁みるところもあり、面白かった。というわけで、今回の新刊も買ってみました!

 装丁は、以前の本よりぐーんとオシャレ。ん〜内容。ん〜タイトルにBlueprint:青写真/設計図/計画とある通り、「人生こうあるべき」について語るハウツウ本・自己啓発に近い仕立ての指南書。著がKirk Franklin with Nick Chilesとあるから、カークの語りおろしから、こういう形態の本に編集して仕上げたライターさんがいたのかなあ。きっと。

 ん〜。人生・信仰はもちろんのこと、語っております。男女の関係、夫婦関係やベッドの上のことついてまで、男性にも女性にも語りかけております。ん〜。語りまくっておりますん〜でも、今回の本はパスだな〜私。やっぱり彼は、人生をゴスペルを「歌う人」!....つまり人生を「書く人」じゃない…んじゃないかと思ってしまいました。

 とにかく、何よりコンサートが楽しみです!

 以下、名曲♪My Life Is In Your Handsの歌詞/訳と、ホイットニー・ヒューストンの歌のものマネをする、おちゃらけカーク映像
続きを読む

graceshinkai at 00:00|PermalinkComments(15)TrackBack(0)歌詞・訳 | カーク・フランクリン(Kirk Franklin)の話

June 07, 2010

I Bid You Good Night (歌詞/訳)  〜僕は君に、永遠のおやすみを告げる〜

Gospel Soup (96) I Bid You Good Night (歌詞/訳)
 〜僕は君に、永遠のおやすみを告げる〜

この歌は、死んでしまった友人に対して「おやすみ」と告げる、追悼の歌だ。

人は死んだらどこへ行くのか、という根源的な問いに対して、この世には文化の数だけ、また残された人の数だけ、答え(ストーリー)はたくさんある。どれが正しいか云々ではなく、そのストーリーがあることで、人は心が慰められ、落ち着くこともある。

この歌もひとつのストーリーだ。



→訳とともに、続きの<おまけ映像>〜カエルのパペットが歌う♪I bid you good nightもみてくださいな。続きを読む

graceshinkai at 14:12|PermalinkComments(4)TrackBack(0)歌詞・訳 | ゴスペル歌の元ネタ大発掘!!

March 27, 2010

Caribbean Praise 親子ゴスペルにいかが?

Gospel Soup (95)Caribbean Praise 親子ゴスペルにいかが?

 先日のmachizouさんとモチエミさん企画の、クワイアの子どもお楽しみ会が大盛況。そうだ、次は大人のお楽しみ会(ムフフ)をやるかなあと考えつつも、大人と子どが一緒に歌えるゴスペルのレパートリー、いくつかあるといいなあと思いはじめました。
 
 ♪This little light of mineとかは、定番だけど、そうそうこんなのいかが?この映像にあるCaribbean Praise(カリビアン・プレイズ)。アフリカンが好きになったかと思ったら、次はカリビアンかい!ってつっこまないでね。
 ♪オーラレ!オーララ!アレアレ!アレルーヤ!って、超ゴキゲンでしょう。
 
 
 
 大人はコーラスハモったら、きれいだしねー。子どもたちはメロディーも歌詞もすぐに歌えそう。コンサートの「会場のみなさまも一緒に歌いましょう企画」とか、野外でも使えそうな曲じゃない?企画は考えてる時が楽しい。ウンウン。

 春だし、なんかこう踊りだすようなゴスペル!歌いたい〜。むずむす

graceshinkai at 22:27|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

March 22, 2010

あなたにとってゴスペル音楽とは何ですか

Gospel Soup (94)あなたにとってゴスペル音楽とは何ですか

 あなたにとってゴスペル音楽とは何ですか?と聞かれたら、皆さんは何と答えますか?人それぞれに、それぞれの答えがあり、そしてそれはおそらく全部正解なんでしょう。
 
 先週の金曜日、3/12。所属するクワイアのみんなと歌い共有した時間はかけがえのないものになりました。

 今までのこのグループの歴史の中で、こんなに、みんながぼろぼろ泣きながら歌った日はありませんでした。様々な思いの涙・いろんなものが歌に溶けて洗い流されていきました。でも涙のあとの、そのあとのとびっきりの笑顔。みんな歌に本当に心を込めて、その場にいる「仲間」と出会えたことを感謝し、声を合わせてハーモニーに包まれる一体感を感じました。
 
 みんなの心のドアがぱたんぱたんと開いて、解放された魂が歌い出すような。そうそう!わたしが味わいたかった、みんなと共有したかったのは、コレコレ!まさにこれだったんだよ。この空気、This is it! This is the Gospel! と、叫びたいような一瞬でした。
 
 音楽というものは、どんなジャンルでも楽しいもので、それぞれに楽しさもあれば感動もあります。でも、あの日味わったのは、まさにゴスペルならではの「ゴスペル!そのもの」な瞬間でした。
 
 どのクワイアでも、歴史を重ねていくと、かならずや転機というべきものが訪れるのでしょうが、私たちのクワイアが岐路に立ち、新しい1歩を踏みだした時に、そのはなむけのような、新しい春風を吹き込んで下さったH先生の、ディレクションに心から感謝します。

  私たちのグループの名前はMOTHER GRACEといいます。
 
 その名の通りクワイアのメンバー全員が女性であり、主婦であり、母であり、家庭の生活を担う生活者であり、仕事もあれば家事も育児もするひとりの人間です。妊婦さんから、子育て真っ最中のメンバーを中心に、孫が3人いるメンバーもいます。
  
 子持ちの主婦というのは、おそろしく時間が細切れで、1日の中で実に雑多なことを同時にこなし、「自分以外のこと」に膨大なエネルギーと時間を費やします。

子どもが成長する喜びや楽しみを味わいつつも、愛するはずの家族に、逆にエネルギーが吸い取られるような、時間をもぎ取られているような追われるような毎日。疲労感。子持ちの主婦は、一人の人間が、母やら、ツマやら、ヨメやら、○○ちゃんのおかあさん、学校における保護者、PTAや子供会の役員やら、近所づきあい、様々なの複数の顔を持ちます。これに仕事が加われば、その忙しさはなおさらのこと。まるで自分自身が洗濯機の中で、回っているような、自分が誰でどこにいるのかわからないような感覚を味わうことになります。

 そんな中で心身ともに、自分が自分を取り戻し、私が徐々に元気でいられるようになったのは、まぎれもなくゴスペルのおかげです。楽しい!ことはもちろん、ハーモニーやリズムを、心だけじゃなくて、毛穴や骨でも感じるような感覚。

 自らが声を出して歌うことで、自分の「体」が自分を取り戻していく。心を開いて自分の素(す)の「魂」が、自分を取り戻していきました。
 
 情報過多の、インプットが多い世の中で、自分が表現してアウトプットしていく回路を自分に作ること。何かを生み出していく喜び。心身ともに軸ができてくるような安定感。自分が大地に足をつけて、自分の足で1歩を踏みだす感覚を、つかみかけています。
 
 歌うゴスペルの歌詞が血肉となって、背中を押されて自分の人生を歩めるような確信。自分が満たされてきて、ようやく自分だけでなく、ほんの少し、周りが見渡せるような少しばかりの余裕。ゴスペル音楽が、単なるストレス解消・・・つまり、マイナスを消す作用だけでなく、楽しさや喜びや恵みというプラスを重ねていくものにも変わっていきました。
   
 MOTHER GRACE。ここのメンバーはみんななかなかスゴイ。これから、クワイアとしても、各個人においても、色んなものを生み出して行く可能性を感じています。

 私たちの手は一生、野菜を刻み料理をし、湯気の中で味見をし、洗濯物をたたみ、トイレを掃除し、床に落ちたゴミを拾い、社会の中で仕事もして、自分自身の人生だけでなく、夫の人生・子どもたちの人生、そして時に、親兄弟・舅姑の人生とも、社会とも関わり合って歩みます。悩みもあるでしょう。でもこれからの様々な人生模様の中で、共に歌い、同じ空間を共有する仲間+ジーザスのいることの、何と心強いことか。

 あなたにとってゴスペル音楽とは何ですか?

と問われたならば、もともとゴスペルのルーツが黒人霊歌で、それが黒人たちの生活と心を支えたように、今の私にとっては、ゴスペル音楽は、生活と心を支える大きな手・・のようなものです。
 
 このクワイアを、ここまで今までご指導くださったK先生に、あらためてお礼と感謝を申し上げます。大きなゴスペルの海というものがあるならば、各々から溢れたゴスペルの流れや小川や伏流水は、いつかまた合流することもあるかもしれません。互いの新たなステージが、それぞれに祝福されますよう祈ります。God bless us!
 
 続きを読む

graceshinkai at 03:26|PermalinkComments(18)TrackBack(0)ゴスペル雑記帳