July 05, 2009

Soweto Gospel Choirツアー日程詳細

Gospel Soup (88) Soweto Gospel Choirツアー日程詳細!!
  〜ファンクラブ優先予約のお知らせ〜

 あちらこちらに、インフォメーションを載せるのに忙しくて、あらら肝心の自分のブログに書くのがおくれてしまいました。周りの人にとっては、もう耳タコ状態なんでしょうけど、何度でも言っちゃいます。

 かねてよりお知らせしておりますが、南アフリカのソウェト・ゴスペル・クワイヤが12月に初来日公演を行います!!


 『クリスマス・ゴスペルナイト2009〜ソウェト・ゴスペル・クワイア〜』

(以下の時間等は、現時点での予定です。コンサートに行かれる折りは、改めて確認をお願いいたします。)

12/11(金) ティアラこうとう 大ホール 19:00 全席6,800円
12/12(土) 川口総合文化センターリリア 14:00 S6800円 A6300円
12/13(日) 横須賀芸術劇場 14:00 S6800円 A6300円
12/14(月) 所沢市民文化センターミューズ大ホール 19:00 S6500円 A6000円
12/15(火) なかのZERO 19:00 全席6800円
12/17(木) すみだトリフォニーホール 19:00 S6500円 A6000円
12/18(金) 渋谷C.C.Lemonホール 19:00 S6800円 A6300円
12/19(土) 府中の森芸術劇場どりーむホール 14:00 S6800円 A6300円

(また、12/10(木)の仙台プラザでの公演予定については、確認中)
 
 
 うーん関東中心なのが、ちょっと残念ですが、新幹線で出かけますよ〜

ソウェト シングズ

 また先日発足したソウェト・ゴスペル・クワイヤ・ファンクラブ・ジャパン(会費無料)
http://sowetofanclubjapan.dtiblog.com/blog-entry-1.html


 ファンクラブにご入会されますと、本日7月5日(日)10時より、上記コンサートチケットの、優先予約購入が、エージェントのテイトコーポレーションさんのウェブページ上で、可能になります。

 続きを読む

graceshinkai at 01:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0)ソウェト・ゴスペル・クワイヤ 

May 07, 2009

Soweto Gospel Choirファンクラブ発足!

Gospel Soup (87) Soweto Gospel Choirファンクラブ発足 
 〜アフリカン・ゴスペルを、Feel the beat! Follow the beat!〜

 今年の9月に、東京大阪ビルボードライブ(Billboard LIVE)に、あのカーク・フランクリンがやって来る!
 
 そして、今年の12月には、南アフリカから、あのソウェト・ゴスペル・クワイヤ(Soweto Gospel Choir)が、実に念願の初来日を果たします!
Soweto Gospel Choir #86



 アメリカのゴスペルとは、また一味違う、心揺さぶるアフリカの大地のゴスペル。アパルトヘイトという苦難の過去も、自分たちの民族のアイデンティティーも、すべてをハーモニーとリズムに溶け込ませ昇華したような、素晴らしいクワイヤです。
 
 昨年日本版オフィシャルHPhttp://www.sowetogospelchoir-fanclub.jp/)ができ上がったのに加え、そ・し・て今回「ソウェト・ゴスペル・クワイヤ・ファンクラブ・ジャパン(会費無料)」が、正式にできました!!
 
 ファンクラブメンバーの方には、ファン通信をメール配信させていただく他、12月のコンサートチケットの先行優先予約の機会をいただけることになりました。詳しくは、

<ファンクラブのメンバーのページ>
 http://sowetofanclubjapan.dtiblog.com/ で詳細をご覧いただき、    sowetofanclubjapan@gmail.com まで、メールでお申し込みください。
 
 しかし、それにしてもこの南アフリカのゴスペルクワイヤとの、ご縁は不思議。

 先日偶然「南アフリカ民主化10周年」と題された、5年前に南アフリカ大使館が出した観光案内のパンフレットを手に入れ、パラパラとめくっていたら、Follow the beat!というキャプションが目に入り「そうそう!う〜ん。まさに、コレ!」と、思わず膝を打ってしまいました。
 
 Follow the beat!(フォロー・ザ・ビート)続きを読む

graceshinkai at 13:31|PermalinkComments(6)TrackBack(0)ソウェト・ゴスペル・クワイヤ 

April 13, 2009

♪Alabaster Box :CeCe Winans 歌詞訳

Gospel Soup (86) ♪Alabaster Box (アラバスター・ボックス)
CeCe Winans 歌詞訳


 イースターの頃。満開の桜の薄曇りの乳白色は、CeCe Winansの最高傑作♪Alabaster Box(アラバスターの壺)の歌を思わせる。アラバスター(雪花石膏または、方解石)とは、ツヤのある白く美しい石。boxと書かれているが、この場合はjarと同じで、壺のこと。
 
 この歌も有名な新約聖書の逸話による。
マリア
(キリストの母のマリアではなく、ベタニアのマリア(時にマグダラのマリアと混同/同一視される)は、たぶん新約聖書における聖母マリアに次ぐ人気女性のナンバー2ではなかろうか。


 
 聖母マリアを「聖」の美しさとするならば、こちらのマリアはもともと「俗」に身をおいた情の深い色気のある美しさである。しかし彼女の「俗」も、彼女の純粋なイエスへの思いから、罪をゆるされ「聖」に転化する。
続きを読む

graceshinkai at 14:31|PermalinkComments(16)TrackBack(0)ゴスペル歌の元ネタ大発掘!! | 歌詞・訳

March 23, 2009

こんなクワイヤあったら楽しい!

Gospel Soup (85) こんなクワイヤあったら楽しい!
 
 たまには雑談。
 夫が教えてくれたホンダの車Civicのコマーシャル映像。数年前のCMで、実は有名な映像らしいのですが、私は知りませんでした。
  
 クワイヤが、雨音から車のエンジン音から、高速でのタイヤ音まで全て出している。わー楽しい!何人かでこれ自主練(いや、闇練)で、練習して、みんなの前でサプライズで披露したら、絶対ウケるな〜!と思ったのですが、このCMを仕上げるのにも半年かかったらしいです。やっぱり練習が必要なんですね。
 
 <Honda:Civic Choir>




 もう一つおまけは、ゲーム:スーパーマリオ・ブラザーズの効果音と映像を、コーラスが再現したもの。マリオを知ってる我が家の子どもたちには、大ウケ。

   <Nintendo Choir>



 こういう↑ことを、大マジメに取り組む人、大好き。きっと仲良くなれるような気がする。

graceshinkai at 16:46|PermalinkComments(14)TrackBack(0)ゴスペル雑記帳 

March 07, 2009

♪This Little Light Of Mineの謎  黒人霊歌なのか違うのか?また2つの異なるメロディの系統はどこからきたか?

Gospel Soup (84) ♪This Little Light Of Mineの謎 

 ゴスペルの定番♪This little light of mine。アレンジも自由自在で、実に幅広く、聴くのも楽しい!歌うのも楽しい!あまりに有名な曲。iTunes storeなら150種類(シンガー)もの、この曲が売られている。「私のこの小さな灯を、光かがやかせよう」という歌詞も、とても心に響く大好きな歌。しかしこの歌のルーツはよく分かっていないことが多いのだ。

 今回の疑問は

 黒人霊歌なのか違うのか?
 また2つの異なるメロディの系統はどこからきたか?

 
 まずは、ごく一般的なアレンジはこちら↓。

 
 
 そしてよく我々が耳にするこの↑♪This little light of mine(♪ドッドッ・ドレッ・ファー・ラッララ・ラソッファ〜)の他に、もう一つの別な、まるで別曲のゆったりしたメロディーの♪This little 〜がある。


 
 一般にこの歌は日本では「黒人霊歌」と言われており、「19世紀に定着した」と書かれてある本もあれば、『深い河のかなたへ〜黒人霊歌とその背景』〜小川洋司著の中では、後者のゆったりしたほうの楽譜が掲載され、「ジョン・ワークの叙情味あふれた編曲が、合唱や独唱で親しまれている。」と書かれている。
 
 う〜ん?ちょっと待って。こっちのゆったりした方のメロディーは、クラシカルだなあ。CDだとたいていソロで歌われている。黒人霊歌にも、もちろん流れるようなメロディの歌はたくさんあるけど、リードシンガーのあとに、コーラスが続くという構成の、普通のあの普通の元気な♪ジスリトルのほうが、黒人っぽいんじゃないのだろうか・・・と当初、私は思ったのだ。続きを読む

graceshinkai at 18:13|PermalinkComments(18)TrackBack(0)ゴスペル歌の元ネタ大発掘!! | ゴスペル雑記帳