February 2007

February 22, 2007

大地のゴスペル Soweto Gospel Choir(ソウェト・ゴスペル・クワイヤ)

Gospel Soup(43) 

大地のゴスペル Soweto Gospel Choir(ソウェト・ゴスペル・クワイヤ)

 いや全くこの1週間は、本当に「心がざわざわ」してました。

 悪い意味での「ざわざわ」ではありませんよ。Soweto Gospel Choir(ソウェト・ゴスペル・クワイヤ)のハーモニーが、寝てもさめても勝手に体の中で鳴り響いていたからです。電車の中でも、音が流れてましたからね。なんだ私、これだったらポケットのiPodもヘッドフォンもいらないわと、思ってしまいました。soweto gospel choir
 
 「なんかすごいの聴いちゃったなあ」「どうしよう」「どうしようといってもなあ」「もう一回だけ聴こう」「やることいっぱいあるじゃない」「いや、あと一曲だけ聴くわ」
 って、これは↑私の頭の中での問答ですが、まるでこれじゃ「あと一杯だけ飲ませてくれ」というアル中の発言に近いですね。

 
 彼らのアルバムには、なんだか麻薬でもはいってるんじゃないんですか(笑)。とにかくねえ、なんだか、またすぐに聴きたくなるんですよ。しかも、聴きながら何かをするということができないので、もうべったりスピーカーの前で、耳をそばだてている状態。

 昔(いつですねん?)、レコード店の前に、ビクター社の蓄音機に耳を傾けている犬の置物が、よく置いてあったでしょう。
 まさに、あのビクターの犬みたいな1週間でした。続きを読む

graceshinkai at 09:18|PermalinkComments(14)TrackBack(0)ゴスペルCD/DVD | ソウェト・ゴスペル・クワイヤ

February 16, 2007

ゴスペル数珠つなぎ

Gospel Soup(42) ゴスペル数珠つなぎ

 ゴスペルの話題で、「数珠」はないだろう!?とつっこみが入りそうなタイトルですが。
 とにかく、ここ数日、ゴスペルに関する素敵な数珠つなぎが、あまりに続いたのでちょっとびっくり。
 
 まず、先日の日曜日(2006/2/11)に、所属するゴスペルサークルが、地元自治体主宰の合唱フェア(26団体出場)の1団体として参加。オーソドックスな合唱団体に混じって、ゴスペルの♪Total Praiseと、♪聖者の行進を歌ってきたのです。1000人収容のホールが、ほぼ満席。聖者の行進では客席の皆様も手拍子してくださり、メンバーみんなで弾け飛び(笑)、その舞台の充実感を反芻していた翌日のこと・・。続きを読む

graceshinkai at 02:19|PermalinkComments(26)TrackBack(0)ゴスペル雑記帳 | Total Praise

February 09, 2007

The Tri-City Singers(トライシティー・シンガーズ)フィナーレ

Gospel Soup(41) The Tri-City Singers(トライシティー・シンガーズ)フィナーレ

 前回のブログで、ゴスペル歌手の年齢について書きましたが、「人気絶頂でのグループ解散」というと、キャンディーズの解散をまず思い浮かべる・・というあたりで、私の年齢もバレるでしょうか。
 
 キャンディーズは「普通の女の子に戻りたい」ということばを残しましたが、人気・実力ともに絶頂だったはずの、ゴスペルクワイヤThe Tri-City Singers(トライシティー・シンガーズ)は、2005年11月に最後のCDとなるFinaleの収録を終了、そして解散(2006年にも、ツアーは行っている)。解散の理由は「クワイヤとしての過度期だった」(byドナルド・ローレンス 写真)。Donald Lawrence

 このDonald Lawrence(ドナルド・ローレンス)& The Tri-City Singersの、さよならコンサートを収めた「Finale Act1」「Finale Act2」(CD/DVDのセット販売二枚組)のうち、Act1の功績により、ドナルドは先月発表されたステラー賞 7部門で受賞!!
 もうステラー賞、総ナメ状態ですね。
 
 というわけで、今回はその受賞を記念して?ドナルド・ローレンス(45歳!)&トライシティー・シンガーズについて書かせていただきます。続きを読む

graceshinkai at 16:04|PermalinkComments(13)TrackBack(0)ゴスペル時事ネタ・人物伝 | ゴスペル雑記帳

February 02, 2007

ゴスペル歌手の年齢をcheck!!

Gospel Soup(40)ゴスペル歌手の年齢をcheck!!

 ある日、ふと気づいた事。女性ゴスペルシンガーのYolanda Adams(ヨランダ・アダムス 写真左)と、CeCe Winans(シーシー・ワイナンズ 写真右)は、42歳で同い年なのである。二人とも42歳とは思えない、このベテランの風格堂々ぶり!


Yolanda CeCe Winans




 ふうん。同い年かあ。そういわれれば同じくらいにみえるけど、ずいぶんタイプの違う顔だなあ。などど考え始めたら、ああもう、♪どうにも止まらない。

 あのゴスペル歌手たちは、今、何歳なんだ?ということも気になってしまうんですね。というわけで、ゴスペル+その周辺のシンガーで有名な人たちの年齢を、少し調べてみました。(もちろん、今回記載した以外にも有名無名のゴスペルシンガーはたくさんいます。)
 
 こうやってあらためて年齢を外観すると、現在40代の歌手たちがが、いわゆるコンテンポラリー・ゴスペルを牽引してきたことがよくわかります。言いかえれば、コンテンポラリー・ゴスペルというのも、本当に新しいジャンルの音楽ですよね。
 
 カーク・フランクリンなんか、まだ37歳(もう37歳?と思う人もいるでしょうが)。しかし彼がKirk Franklin & the Familyのデビューアルバムを出したのが、1993年だから、当時まだ23歳。つくづく、年齢に関係なく才能は開花するものなのですねえ(←と、ため息)
続きを読む

graceshinkai at 15:35|PermalinkComments(20)TrackBack(0)ゴスペル時事ネタ・人物伝 | ゴスペル雑記帳