August 26, 2006

カーク・フランクリン(Kirk Franklin)のアルバムHERO

Gospel Soup (7) Kirk FranklinのアルバムHERO

 さあ!みなさん!悩ましい選択です。輸入版のオリジナル カーク・フランクリンのアルバムHEROがamazon価格で1700円前後。日本版のアルバムHERO(2006/7/26発売)は2730円。どちらを買いますか?

 でもこれ、値段だけでは単純比較できません。日本版のほうは、日本版ボーナスCD付きの2枚セット!。で、その2枚目にはStompもはいっているし、何といってもあの!ゴスペラーズが、名曲Lean on meをKirkと一緒に歌った1曲も入っているのであります。

 で、私は日本版の方購入。輸入盤より1000円高いけど、その価値はあった。

 まず日本版の解説ブックがとても丁寧な作りになっている。歌詞の日本語対訳はもちろんのこと、今までもっぱら英語のWebで読んでいたKirkの半生も載っているし、ゴスペラーズメンバーのコメントも載っていて、メンバーの一人ひとりが、ホントにKirkのことを敬愛していて、今回のコラボレーションを心から喜んで誇りに思っていることが伝わってきた。まずはどんな感想よりも、こうした企画が実現したことを、一緒に祝福したい。

 実を言うと、最初Kirk+ゴスペラーズ版のLean on meを聞いた時は、ちょっともの足りない気がした。なにせオリジナルのLean on meが、先に耳に刷り込まれているもんで(笑)。オリジナルはU2のボノが入って男性ソロ・女性ソロ+Kirkにクワイヤがついて、もう声が絡み合う〜絡み合う〜絡み合ってねっとり高みに登りつめて、あ〜れ〜髪振り乱してゆれるせつなさ(説明長いな〜)〜みたいな感じ。

 だからどちらかと言えば、Take6的なサウンドのゴスペラーズ版Lean on meを聴いた時は、あっさりした印象だったのだ。でも、これも聴きこんでいくと、1日目:慣れてきた!2日目:また聴いてしまった。3日目すごくいい!4日目:しびれる!と思えて来たから不思議。

 さて本体のKirkのHEROのほう。以前の「俺の音楽で、ゴスペルミュージック界に殴り込みかけちゃる。」みたいな、挑発的な面がなく、角がとれた感じがする。

 1曲だけ紹介。なつかしの85年の「Shout」の曲を下敷きにしたLet it go。
曲だけ流して聞いているとすてきだが、Kirkの独白は、ドキュメンタリー映画のコマ割映像を見るように重い。重く切ない。

 モノクロの映像が見えるような独白。その白黒の映像の中で、身を切って心から赤い血が流れるのをそのままにしたような、Shout(叫び)そのもの。彼は日本流に言うなら「業の深い人間」だ。自分の生い立ち・親に捨てられた悲しみを語り叫びながら、最後に実父も実母も赦すというストーリーのある歌。

 トラウマを背負いつつ、他者を赦すことによって自分の罪も赦されること願い、せめて自分の子どもよ、まともな人間になってくれ、と、業の連鎖を断ち切るように哀願する。深い歌である。
HERO


<カークフランクリンの衝撃告白 2006/8/5ブログに戻る>
http://graceshinkai.livedoor.biz/archives/2006-08.html#20060805


<カーク版のLean on meのビデオ映像 フル映像が無料で見られます!!!>
http://www.youtube.com/watch?v=sgqts0rJRxc&mode=related&search=

graceshinkai at 00:42│Comments(3)TrackBack(0)カーク・フランクリン(Kirk Franklin)の話 | ゴスペルCD/DVD

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by りえ   August 27, 2006 00:24
5 そうなのねー,そうなのねー!!!
夏のはじめごろにコラボる話を耳にし,しかもリーンオンミー!!!すっごい楽しみにしていたのに,もう夏も終わるというのに,いまだ購入はしていない貧乏りえでありました.
でも買っちゃおっかなー,ききたいなー.
2. Posted by しんかい   August 27, 2006 00:41
りえ様!コメント書き込みありがとうございます。
これからも遊びに来てくださいませ〜っ。

そお〜なんです。ゴスペラーズがKirkと一緒に歌ってるって、なんかこう、最初違和感があって、すごく不思議な感じだったんだけど。これはこれでゴスペラーズサウンド。

なんかもう私、ゴスペラーズの親戚か近所のおばはんになった気分で「ほんま、コラボできてよかったね〜」って、思ってしまいました。
3. Posted by りえ   August 27, 2006 23:59
いえいえ,いつも楽しみに読ましてもらってます♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔