September 09, 2006

名曲 Total Praise徹底解剖

Gospel Soup (12)  ゴスペル英語帳

名曲 Total Praise(トータル・プレイズ)徹底解剖  その1

Total Praise  
Persuaded: Live in D.C.


私が、もし好きなゴスペル曲の中でベスト10を選ぶとしたら、この曲もきっといれるでしょうね。短いクラシカルな賛美歌調の曲で、そのハーモニーの美しいこと!曲が徐々に盛り上がっていくと、歌詞そのままの壮大な風景映像が、スクリーンに映し出されるようなダイナミックさがあります。この曲を聴くたびに私は、曲のうねりに心奪われ、心拍数が高くなります。

 心拍数はともかく、この曲の歌詞の出典はあちこちで取り上げられているので、いばることはありませんが書いておきますね。

 旧約聖書 詩編 121:1-2
      I will lift up mine eyes unto the hills,
        from whence cometh my help.

     My help cometh from the LORD, which made heaven and earth.
      (King James Version Bible)
 
 ちなみに賛美歌301番/聖歌393番 も詩編の同じ箇所から採られています。
     「山べにむかいてわれ 目をあぐ 助けはいずかたより きたるか」

 神殿のあるエルサレムに向かって行く巡礼の旅の途中の歌ということになっています。
 
 さて歌詞の出典がわかって、すっきりさわやかになったところで、ここからいきなり、ゴスペル英語帳!!登場。

歌詞の冒頭
 Lord, I will lift mine eyes to the hills, のmineが問題なのであります。
 
 「あ〜っ!これ my eyesが間違って、mine eyesになってる〜。印刷ミスだな。書き直しておかなくっちゃ」と思われた方、たぶん、かなりいらっしゃると思うのですがっ!!

 「ちょっと待った〜!それは別に書き直さなくていいです!!」

確かに通常の英語だとmy eyesなのですが、ここはmine eyesでいいんです。オリジナルのCD でもクワイヤがそうやってmine eyesと歌っていることからもわかるように、これはmineの特別な用法で、意味はmyと同じ。King James Version(1604)のような古いタイプの聖書にはよく出てくるちょっと文語的・修辞的な言い回しです。
(でも、中学・高校の英語のテストで、mine eyesなんて書いたら、絶対減点されますので、よいこの皆さまは気をつけてください。)

 むろん英語の聖書にも、様々なバージョンがあるので、New International Version他、多くの新しい聖書だと、同じ箇所でも I lift up my eyes to the hills のように、myの表現を使っています。

 というわけで、もちろんmyと歌ってもなんら問題はないのですが、オリジナルCDに忠実に歌うならmineで、格調高くきめたいところ。(影の声:客席で聴いているひとは、myだろうが、mineだろうがわからんっつーの。)
 
 同様の用法でmineが使われている、他の曲の例を挙げるなら、リパブリック讃歌(Battle Hymn Of The Republic)。出だしの歌詞も
  Mine eyes have seen the glory of the coming of the Lordで、
mineです。

 そんなこんなでTotal Praise。短い歌なので、著作権を無視して以下に歌詞を掲載させていただきました。Richard Smallwoodさんごめんなさい。次回のGospel Soupは、この歌を作ったRichard Smallwoodに迫ります。

 Total Praise      作詞・作曲 Richard Smallwood
  Lord, I will lift mine eyes to the hills,
  Knowing my help is coming from You.
  Your peace, You give me in time of the storm.
  You are the source of my strength.
  You are the strength of my life.
  I lift my hands in total praise to you.
  Amen, Amen. Amen, Amen. Amen, Amen. Amen, Amen!


Richard Smallwoodのオフィシャルサイト↓
http://www.richardsmallwood.com/

Total Praiseの私の対訳↓
http://graceshinkai.livedoor.biz/archives/2006-09.html#20060912

Richard Smallwoodについての私のブログ記事↓
http://graceshinkai.livedoor.biz/archives/cat_50018443.html

graceshinkai at 02:52│Comments(7)TrackBack(0)ゴスペル 英語帳 | Total Praise

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by たろう   September 09, 2006 06:57
Total Praise、私も大好きです。

mineのところ、私たちのクワイヤーのディレクターも
しっかり教えてくれました。でも、たしかに客席で聴いている人はmyだろうが、mineだろうがわかりませんよね。

下手すりゃ、歌い慣れたメンバーはすっかりmyになっているかもしれません。もう一度確認してみようかな(笑)?
 
Richard Smallwood、数年前に大分へWSで来ましたよね。秋田からも10人くらいそのWSに参加したんですが、ものすっごいオーラを発しているのかと思いきや、「え?この人がリチャスモ?普通のおじさんじゃん」と思ったくらい、普通ーの人だったそうです。
偉ぶらない、謙遜な人だったー、と口々に言ってました。





2. Posted by おっちー   September 09, 2006 12:25
total praise♪僕も聴くのも大好きですが歌うのも大好きです♪

ドニーマクラーキンのWSのときは歌っていて号泣してしまって歌えなくなるくらいこみ上げるものがある曲です。そういえばあの時もmineで歌ってたかなぁ。
あと確かヤマハ系の教材ではmyになってます(−−;)

そしてこの曲はいろんな人がカバーしていて素晴しいですよね。個人的にはBrooklyn Tabernacle Choir が「High & Lifted Up 」という作品の中でカバーしているバージョンとドニーマクラーキンが「Psalms, Hymns and Spiritual Songs 」で取り上げているバージョンが大好きです♪

3. Posted by しんかい   September 09, 2006 14:05
>たろうさん
いや〜!!今回も熱い話題。WSに、秋田から大分まで!!10人くらい行かれた方がいらっしゃったんですか?!本州縦断(って飛行機でしょうけど)してのWS参加だったんですね。
Richard Smallwoodが、「普通の謙虚なおじさん」だったというお話、大変興味深いです。そうか〜。そういう人なんだ〜。なるほどなるほど。

>おっち〜さん
さすが、ゴスペル超マニアのナイスミドル王者的コメントありがとうございます。私ははずかしながら、Brooklyn Tabernacle Choir バージョンもドニーマクラーキンバージョンも聴いたことがないんです。Total Praiseは大好きなので、これはなんとしても聴かねば!今後とも色々教えてください。

4. Posted by りえ   September 09, 2006 21:30
へぇぇぇぇー,ほぉぉぉぉー,と,今回もなるほどだらけでございました.そうかー,リパブリックもマインだねえ(カタカナで書くなっつうに...).深く考えたことなかった.そっかー...ほんとおっちーさんの言うように聴くにも歌うにもいい曲ですよねー♪
欲を言えば最後に真貝訳詩をつけて欲しかったなあ(^_^)
5. Posted by しんかい   September 10, 2006 05:00
>りえ様
そっかそっか。訳詞でございますね。了解いたしました!数日内にこのブログ内にUPしておきますわ。
6. Posted by ひっきぃ   September 11, 2006 15:41
はじめまして!
足跡を辿ってお邪魔して以来、御挨拶もせず、ちょこちょこ伺っておりました。。ごめんなさい。

ワタシは、kirk大好き!なので、過去の日記も大変興味深く楽しく拝見させていただいていました。
今回の、Total Praiseは、つい先日の練習の時に歌って、歌いながらトリハダ立って、涙が出そうになりました。
ソプラノパートなので、違う意味でも涙が出そうになりますが(音が高い!笑)大好きな曲です。
あまりにタイムリーな話題だったので、カキコミしてしましました。
mineには、そんな意味があったんですね。。。勉強になります。ありがとうございます♪

またお邪魔すると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします。
7. Posted by しんかい   September 11, 2006 16:18
>ひっきぃ様

今までもちょくちょくおいでくださっていたとのこと、ありがとうございます。とてもうれしいです。
私が習っているゴスペルクワイヤでも、ちょうど今この曲をやっているんですよ!

ひっきぃさんは、ソプラノなんですね!ワタシはアルトです。Total Praiseは、アルトの音程も低くて低くて・・もう(涙)。地を這う地鳴りのような感じで、歌っておりますでございますよ〜。
またのブログ来訪お待ちしております。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔