September 26, 2006

ゴスペル関係各賞における部門の細分化

Gospel Soup (16)
 
 ゴスペル関係各賞における部門の細分化

 いやあ、驚きました。って、私が知らなかっただけなんでしょうか。

 グラミー賞(Grammy Awards)の中に、ゴスペル部門があるのはもちろん知っていたのですが、その中の各部門賞ついてのこと。

 かつてチェックした時は、6部門に分かれていたのですがが、先日Richard Smallwoodの受賞歴をチェックするために、グラミー賞のオフィシャルページをみていたら、2005年に賞が1つ増え、ややっ!2006年にさらにまた1つ増えて、計8部門!になってました。
 http://www.grammy.com/GRAMMY_Awards/Annual_Show/48_nominees.aspx#11

Grammy賞 GOSPEL (2006年)
(1)最優秀ゴスペル・パフォーマンス賞(2005年に新設)
(2)最優秀ゴスペル・ソング賞 (2006年に新設)
(3)最優秀ロック・ゴスペル・アルバム賞
(4)最優秀ポップ/コンテンポラリー・ゴスペル・アルバム賞
(5)最優秀サザン・カントリー・ブルーグラス・ゴスペル・アルバム賞
(6)最優秀トラディショナル・ソウル・ゴスペル・アルバム賞
(7)最優秀コンテンポラリー・ソウル・ゴスペル・アルバム賞
(8)最優秀ゴスペル・クワイヤ/コーラス・アルバム賞

 いやあ、賞が増えたんだな〜と、ぼんやり思いながら、あれれ?それならゴスペル専門のダヴ(ドゥヴ)賞(Dove Awards)とステラー賞(Stellar Awards)は、いったい何部門に分かれているのだろう♪と調べはじめたら、ギョギョギョ!知らなかった〜!

<Dove賞>
 Dove賞は、ゴスペル専門の賞なのに、その中で42部門!の各賞にわかれてました。42!もう書ききれないので、下記オフィシャルHPを見て下さい。

http://www.gmamusicawards.com/history/browse.cfm?year=2006
(Dove賞というのは通称で、正確にはGospel Music Association Music Awards→GMA Music Awardsというらしい。)

 
 しかし、Dove賞の歴史をひもといてみると(くどくてすみませんね〜、史学科出身なんですよ、私)、1969年の賞創設時から、これほどたくさんの部門があったわけではなく、1969年は11部門、1980年で16部門。
 1991年になると、Rap/Hip Hop系の部門が登場し33部門、2001年には、さらにスペイン語のゴスペルの部門が登場して、かつロック部門が細分化されすぎて44部門に膨れ上がるんですね。とにかく、毎年、新部門を追加したり、再編成し直しており、ゴスペルの多様化に、賞のほうが必死についていくという感じです。

 まさにゴスペルの表現方法が、音楽ジャンルの広がりと共に拡大してきた歴史がよくわかります。

<Stellar賞>
 さて次。気を取り直して、Stellar賞ですが、こちらは27部門に分かれてました。
 http://www.thestellarawards.com/soul.html
 27というのも十分多いのですが、Dove賞の42部門を見たあとなら、もう驚きませんわ〜。

 いやあ。改めて、毎年膨大なゴスペル曲が生み出されていることを実感した次第です。

 そうそう。先月、WOW GOSPEL 2006のCDを購入しました。
WOW Gospel 2006
ご存じの通り、これは毎年発売されるゴスペル年鑑みたいなCDで、前年つまり2005年(一部2004年もあり)に発表された曲の中の選りすぐり、CD2枚組でございます。

 もちろん、気に入った曲も何曲か見つかって、ゴキゲンだったのですが、そのぅ〜、やっぱり「今風のサウンド」もあるわけですね。

 で、ざっとこのCDを最初に聴いた時は
「最近の若けぇモンのゴシュペルにゃあ、いまひとぅつ、ようわがらん曲もあるもんじゃのぅ〜」

 と、まるで自分が、「日本昔ばなし」の婆さまになったような感じで、好みでない曲を、さっさと、すっ飛ばして聴いてしまいました。

 いっそ、日本のレコード大賞も、演歌あたりの賞を細分化してですねえ、演歌イケメン賞なんていうのを創設して、ジャニーズあたりからの歌手参入を狙って、音楽市場を活性化させるのもどうでしょう?

 正調ド演歌部門。ニュー演歌部門。北国演歌部門。フォーク調演歌部門。ロック演歌部門。民謡演歌部門。演歌衣装特別賞。演歌キャラクター賞・・
 いくらでも、細分化できるな〜って、何を考えてるんだか、私も

graceshinkai at 00:15│Comments(7)TrackBack(0)ゴスペル雑記帳 | ゴスペル時事ネタ・人物伝

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by hana   September 26, 2006 01:45
はははは!
演歌の賞を細分化!いいんじゃないですか!

ここまで細分化させるのはどうしてなんでしょうか?
たくさんのアーティストが取り上げられて、そこからもっとみんなの注目を集めるという面ではいいと思いますけど・・・
2. Posted by べちゃん   September 26, 2006 09:59
ここまで細分化されて、逆に価値が下がるってことはないのですか?

今年度は一人、と今年度は100人じゃちがうと思うんだけどなぁ。

やってる人は細分化して正当に評価されるほうがいいのか?
3. Posted by しんかい   September 26, 2006 11:15
>hana様・べちゃん様 
いつもコメントありがとうございます(^O^)/

細分化どうなんでしょうね〜。と私も思いながら、書いていたのですが。

結局(想像ですが)、ゴスペルという枠でひとくくりにされてはいるけど、HipHopやらハード系のロックゴスペルを聴く人と、ブルーグラス系でバンジョーかきならす超カントリーアメリカン右派みたいなのが好みの人とは、音楽的に相容れないんじゃないでしょうか。

音楽ジャンルが違えば、CDを買う層もまったく違うでしょうし、受賞対象として、比べようにも比べにくいというあたりかなあと思ってるのですが。
4. Posted by ♪Prayer MAYU♪   September 26, 2006 19:33
貴重な情報
教えて下さってありがとうございます!

最優秀ヒーリング・ゴスペル・アルバム賞の
新設に向けて

頑張りたいと思います☆

愛と感謝を込めて・・・♪Prayer MAYU♪
http://prayer.ptu.jp/


5. Posted by しんかい   September 26, 2006 22:52
>♪Prayer MAYU♪様
こんにちは。♪Prayer MAYU♪さんは、ヒーリング・ゴスペル・シンガーでいらっしゃいますものね。

おお!それでは、最優秀ヒーリング・ゴスペル・アルバム賞創設に向けて、まず日本で、ヒーリング・ゴスペルというのを「登録商標」にするのはいかがでございましょうかっ?!

ご活躍お祈りしています。

6. Posted by おっちー   September 26, 2006 22:54
ほっほう!グラミー賞はいろんな賞が増えているんですね!他の賞も本当に細かく細分化されてますね(^^;)
いつも内外問わず音楽賞の発表の時期に思うんですけど本当にフェアなジャッジってされているんでしょうかね?袖の下がまかりとおるような恐ろしい世界のような気がしますが(ーー;)まああんまり考えすぎちゃうと面白くないので考えないようにしてますけどね(^^;)
7. Posted by しんかい   September 26, 2006 23:47
>おっちー様
ええ。きっと受賞にからんでは、水面下で様々な動きがあるんでしょうね〜(ーー;)。

Dove賞では、1971年に、Blackwood Brothersというグループがからんだ、投票権の売買スキャンダルがあったんだそうでございますわ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔