November 26, 2006

Hail Holy Queen (その3)歌詞に出てくる天使たちとDalon Collins

Gospel Soup (28) Hail Holy Queen (その3)歌詞に出てくる天使たち

 11月13日の当ブログHail Holy Queen (その1)で、Hail Holy Queenの歌詞・訳をupし、その2で、歌詞のルーツを探り、このシリーズも3回目。もう、蛇足みたいな話ですが、今回は♪Hail Holy Queenの歌詞中に出てくる

 Triumph all ye cherubim(ケルビム天使、汝ら皆 勝利を祝え)
 Sing with us ye seraphim(セラピム天使、汝ら 我らと歌え)

 のところの、2種類??の天使たちについて書きます。
 
 cherubim:ケルビム。智天使。英語の発音はチェラビム cherubの複数形
 seraphim:セラピム。熾天使 英語の発音はセラフィム
 
 聖書には神の使いとして天使がよく出てきますが、ケルビム(チェラビム)天使は旧約聖書に、かなりよく出てきます。エデンの園では、アダムとイブが追放されたあとに、炎の剣を持って命の木の番をしたり、神殿で、聖所(サンクチュアリ)から続く至聖所に置かれた契約の箱を守る役割もしてました。
チェラブ天使
 まるでセコムのガードマンのような天使なのに、現在は、かわいい天使像の代表格になってます。代表格になってます。
 
 ケルビム(チェラビム)は、ベートーベンの第九にも
Und der Cherub steht vor Gott. (ドイツ語)
And the cherubim stand before God.(英語)のように、ご登場なさっておりますよ。

 一方、セラフィムの方は、聖書に出てくるのは、旧約聖書のイザヤ書(6:2〜6:4)のたった1度だけ。イザヤ書6:3で、このセラフィム天使が、Hail Holy Queenの歌詞にも出てくる通り、

 「サンクトゥス・サンクトウス ・サンクトゥス・ドミヌス」(英語だと"Holy, holy, holy, is the Lord of All. 日本語だと「聖なる、聖なる、聖なる万軍の主」新共同訳)と神を讃美したという記述があります。
 
 このように聖書では、出てくる箇所が違うのに、絵画や音楽にはチェラビム&セラフィム二人(天使って、ひとりふたりって数えるの?)セットで、一緒によく登場するのが面白いなあって思います。

 有名な♪Holy Holy Holyの歌でも、
 Cherubim and seraphim falling down before Thee. と、二人仲良くでてきますね。(日本語の♪聖なる聖なる「讃美歌21」351番だと、チェラビム&セラフィムという固有名詞ではなく、♪聖徒も天使もみ名をほめ、となっています)


<歌詞の音に注目♪>
 で、これってきっとcherubim(チェラビム) seraphim(セラフィム)が、音として似ていて、歌詞にしたときに、うまく韻(ライム、rhyme)がつくれてきれいだからですよね?きっと。Hail Holy Queenの歌詞だと、
 Triumph all ye cherubim
 Sing with us ye seraphim
 Heaven and earth resound the hymn

 って、cherubim(チェラビム) seraphim(セラフィム) hymn(ヒム)で,イムの音が 3つ並んできれいな「脚韻」ができてます♪

 いくら聖母マリアの歌だといっても、この歌の場合、セラフィム天使のかわりに、マリアに受胎告知をした「大天使ガブリエル」なんぞが出てきちゃうと、歌詞のリズムが崩れます(笑)。

そもそもこの歌は、ラテン語の歌を英語に訳した歌なのに、韻がきれいです。
 above(アバヴ) love(ラヴ) アヴの音

 cherubim(チェラビム) seraphim(セラフィム) hymn(ヒム)で,イムの音が 3つ!

 below(ビロウ) woe(ウォウ) ォウの音
 →おまけにbelowのあとに,♪オオオウ〜と歌い,さらにwoeの上をかぶせるよう に,♪ウオ・  オ・オ〜とつなげる必殺ライムの重ね塗り!!まで登場しています。
 
 韻(ライム)って、英語の歌の醍醐味だなあといつも思っていて、きれいなライムは大好きなので、ついつい話が長くなるうぅう。
 
<キューピーさんの天使像>
 天使の話に戻りましょう。通常私たちが「天使」としてすぐ思い浮かべるのは、キューピーさんみたいな裸の赤ちゃん風の天使。羽が生えていてマリア様の回りの飛んでいたりします。(でもこうした裸のかわいい天使像が出てくるのは、ルネッサンス期以降のこと。中世では天使は服を着た、成人男子の姿が基本でした。中世の天使は、あんまりかわいくありません。)
 
 英語だと、このかわいいcherub(単数)ケルビム天使から派生して、cherub(チェラブ)という単語は、赤ちゃんのように「ふっくらした」という意味もあります。

 さて、そこでcherubに納得したところで、「この顔にピンと来た人は、110番!
・・・じゃなくて、この顔にピンと来た人は、カーク・フランクリンのファンですね。Dalon Collins
 カークと初期のThe Familyの時から一緒に活動している、ゴスペル界きっての大巨漢!バズーカ砲の歌声Dalon Collins (ダロン・コリンズ)。カークのバックで一緒に写真に写っていても、なんせ大きいから、一人だけ目立つ。

 わっ!いた!またいた!わっ!×3の人物であります。
 先日、彼のmy spaceのプロフィール紹介ページを読んでいたら、cherubという単語が出てきて、ひとりで大笑いしてしまったのでご紹介。

 You've seen his cherub face singing his heart out on Kirk Franklin and The Family videos 後略
(皆さんも、Kirk Franklin and The Familyのビデオで、心から熱唱する彼(ダロン)のふくよかな顔(cherub face)を見たことがあるでしょう〜)

 うーん。確かにfat face(太った顔)とは、露骨すぎて書けないもんなあ。婉曲にちぇらぶフェイス「ふくよかな顔」でいいんですけどね(笑)。赤ちゃんふっくら、ちぇらぶフェイス。ダロンの巨顔でもちぇらぶフェイス。しかし、この顔に、ちぇらぶはないのではないか???ん〜??としばらく悩んでしまいました。
 
 Hail Holy Queenの曲については、これで打ち止め。天使ちぇらぶも真っ青な、Dalon Collinsのちぇらぶフェイスで、今回は失礼いたします。


graceshinkai at 08:05│Comments(17)TrackBack(0)天使にラブソングを関連の記事 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by hana   November 26, 2006 13:31
韻のある曲、いいですねー。でもかなり作るのは大変そうですが・・・

cherub faceっていい表現じゃないですか?
特に彼はゴスペルシンガー(ですよね?ごめんなさい、わかっていなくて・・・)ならば、いっそううまい!

でもそういわれると彼の顔もcherub faceに見えてくるから言葉の力って不思議〜。
2. Posted by しんかい   November 26, 2006 17:28
>hana様

そうそう!Dalon Collins体の大きさに目が眩んでコワモテだけど、結構愛嬌もあって、cherubな??いい人なんでしょうきっと。

彼はKirk以外にも、以前このブログでも紹介したJoe Paceとかと一緒に仕事をしているのですが、たぶんソロでは活動してない??もようです。

my spaceにページはあっても、オフィシャルなHPすらない。。。んだと思います。ああ、あんなに目立ってるのにな〜かわいそ〜。誰かDalonのHP作ってあげたらいいのに!です。
3. Posted by ねむねこかねも   November 26, 2006 20:16
おもしろーい!
cherub faceっていわれると、悪息しないですもんね。
素敵な言葉の使い方だと思いました!
4. Posted by しんかい   November 26, 2006 22:52
>ねむねこかねも様

お初の書き込みありがとうございます!
ほんと、「ものは言いよう」ですね。

今後私も、おなかのぜい肉のことは→「豊満な体型」と言って、二重あごについては「やわらかなあごのライン」と呼ぶことにいたしますわっ。
5. Posted by ロン@ゴスペル   November 26, 2006 23:28
世界中の「おっきな人」を集めて「international cherub club」を作ろぉ〜!(*^^*)b

さぁっ、君も申し込んだら「cherub member」だ(^^;



でも・・・ゴスペル界って「ちぇらぶな人材」が豊富な気がしますね。
6. Posted by しんかい   November 27, 2006 00:24
>ロン@ゴスペル様

こんばんは。おっしゃる通り、ゴスペル界「ちぇらぶな人材」だらけですよね(笑)。

丁度こんど一度、ブログで「ちぇらぶなゴスペル・シンガー特集」やろうと思っていたところです。ここ数年で急激にちぇらぶになられたシンガーの方も多いですし。。。

(ほんとは、イケメン特集の連載をやりたいんですが、なかなか人材難で。。。)

7. Posted by かっちゃん   November 28, 2006 00:17
はじめまして
mixiの足跡からきました。
思わず過去ログいっぱい読んじゃいました。
Shake The Foundationなんて
ついこの間歌ったばかりだったのです。
もっと早く知ってたら歌詞の意味をもっともっと深く考えて歌えてたのになーと。
すごく勉強になる事ばかりでためになります。
またおじゃましますね…
8. Posted by GUMBO   November 28, 2006 02:25
"cherub face"はよかったなぁ!
密かに流行らせたい(笑

ゴスペルを歌い始めてからといういうもの、
女の子にモテなくてもいいから、ちぇらぶな身体に
生まれ変われたら、いい歌が歌えるかも・・・
などと妄想しているボクです(笑
9. Posted by しんかい   November 28, 2006 06:05
>かっちゃん様

はじめまして。ようこそおいでくださり、書き込みまでしてくださり、ありがとうございます。ゴスペル歌っていらっしゃるのですね♪

>Shake The Foundationなんて
>ついこの間歌ったばかりだったのです。

Shake The Foundation、ノリノリで私も大好きなんですが、歌詞のホントの?意味がわかりづらいな〜と、それで調べて書いてみた次第でした。

役に立つかどうかはともかく?どうぞ、またお越しくださいませ(*^^*)b
10. Posted by しんかい   November 28, 2006 06:19
GUMBO様

>女の子にモテなくてもいいから、ちぇらぶな身体に生まれ変われたら、いい歌が歌えるかも・・・

すみません。読んで爆笑させていただきました。

ではっGUMBOさん、生まれ変わらなくても、ちぇらぶな身体になるために、1日5食。お店の残りも完食して体重増加をはかり、来月のライブには「ちぇらぶジャンボGUMBO」としてご登場はいかがでしょう?ナイスな歌声なら、きっと女性も悩殺できますことよ♪
11. Posted by pony   December 03, 2006 12:49
はじめて書き込みいたします!
Hail Holy Queenの記事、とっても勉強になりました!!歌う時の気持ちが全然違ってきました。
今度メンバーのみんなにも、このブログを教えてあげようかと思っています♪
ありがとうございました(*^o^*)
12. Posted by しんかい   December 03, 2006 22:51
>pony様

書き込み、ありがとうございます。お褒めいただきありがとうございます&照れます(^^;

>今度メンバーのみんなにも、このブログを教えてあげようかと思っています♪

このブログは8月に始めたばかりで、まだまだ未熟なところが自分でも目に付くのですが、はい、よろしくご宣伝ください(!?)←実は、図々しいワタクシ。

また、ブログらしてくださいね。

13. Posted by pony   December 04, 2006 14:33
お返事ありがとうございます!!
私のほうこそゴスペル歴もまだまだ浅く、歌も駆け出しなんで、もう毎日が勉強!です。(>_<)
しんかいさんのブログ、ほんと奥が深い!!
ちょっとずつバックナンバーも読ませていただきますね♪
また遊びに来ますね〜(。・ω・。)ノ~☆
14. Posted by バンダナ   December 07, 2006 16:06
はじめまして。ponyさんにここを紹介してもらってやってまいりました。
ponyさんの所属しているゴスペルクワイヤーで恐れ多くもピアノ伴奏諸々をやっております。

こうやって歌詞を納得したうえで唄う事って大事ですね。
僕は、ピアノ弾くのに精一杯だけど・・・(笑)

どうも、お邪魔しました。
15. Posted by しんかい   December 07, 2006 21:49
>バンダナ様
はじめまして。ponyさんのお友達でいらっしゃるのですね。(←ponyさん、ご紹介ありがとうございます♪)

バンダナ様、素敵なHPもお持ちなんですね。拝見しました。ぬわんと小学生で作曲???グレーーートです。

バンダナさん日記の「ピリオド奏法」に興味を持ちました。いえ、私は弾けませんが、夫がアーノン・クール指揮とかの、作曲当時の楽器を使う古学演奏のCDをよく聴いてます。

また、おいでくださいませ。お待ちしております。
16. Posted by みゆこ   December 30, 2006 14:16
はじめまして。どの記事も読み応えがあってどこにコメントしてよいやら迷いますねHail holy は何回も何回も歌ってるのに、歌詞の内容とか脚韻とかちぃとも考えたことなかったです…まだまだ修行しなきゃなぁ、と改めて思いました。また遊びに来ま〜す
17. Posted by しんかい   December 30, 2006 20:43
>みゆこ様
はじめまして。うれしいコメントありがとうございます。あれやこれや、ブログに「書いて」ばかりで、肝心の「歌う」ほうの修行が全然できていないワタクシでございます。
が、またぼちぼち書いていきますので、どうぞまたご来訪をお待ちしております〜。よいお年をお迎えください。 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔