December 03, 2006

今年のマイベスト曲? ♪You Raise Me Up

Gospel Soup(29)今年のマイベスト曲? ♪You Raise Me Up  
 
 今年の流行語大賞が、荒川静香選手のイナバウワーに決定しましたね。そして今回のブログのトップの写真は、イギリスのポップ男性アイドルグループWestlife(ウエストライフ)westlife
 
 なんだ「ゴスペルグループ」じゃないじゃん?!という方、そしてなんだ「イケメンを探せ」のコーナーじゃないんだ〜?という方、「イナバウワー」と何の関係があるんだ?という方。
 今から順に、ご説明します。
  
 荒川静香選手が、トリノオリンピックフィギュアの、エキシビションの演技をしていた際、流れていた曲を覚えていらっしゃいますか?曲名は♪You Raise Me Up

 あちこちのクワイヤで、ポツポツ歌われ始めたてるみたいですし、街でも流れているのでご存じの方もいらっしゃるかと思います。荒川静香選手のバックで流れていたバージョンは、Celtic Woman(ケルティック・ウーマン)という、アイルランドの女性グループがカバーして歌ったものなんですが、私にとってこの「曲」は、今年出会った曲の中でも、特にお気に入りの曲です。まずはウエストライフがカバーして歌っている映像をご覧下さい。

WestlifeによるYouTubeの映像 ←クリックしてください。

 んもう。どうです。この甘さ。甘い甘いベタベタ甘いわ〜。もちろんクリスマスソングではないけれど、12月になってこの映像を紹介しようと、楽しみにしていました。
 
 この曲のオリジナルは彼らではありません。いやあWestlifeは、これはこれでもう、ワタクシ大好きなんですが、でも音楽的には(顔じゃなくて)この曲のオリジナルのほうが、ずっといいと個人的には思っています。
 
 オリジナルはSecret Gardenという、アイルランド出身のヴァイオリニスト、フィンヌーラ・シェリー(Fionnuala Sherry)と、ノルウェーの作曲家ロルフ・ラヴランド(Rolf Lovland)によるケルトな雰囲気たっぷりな、インストゥルメンタル男女デュオによるもの。

 このあたりの詳細は、古澤氏によるゴスペル・ミュージック・ニュース(2006/3/7)の記事などを参照してください。

 それに、ブライアン・ケネディ(Brian Kennedyこれまたアイルランド人)の男性シンガーがボーカルとして参加したもの。
 
 Secret Gardenって、ヒーリング系がお好きな方には、有名らしいんですが、私は知らなかったな〜。You Raise Me Upに関しては、とにかくイントロのバイオリン演奏からして素晴らしいし、ケルトな雰囲気たっぷりなすばらしい曲。Enyaとかがお好きな方なら、きっと好きになってくださることと思います。

 とにかくオリジナルに関しては、ボーカルが何ともいえずいいのですよ〜。私の好きな声です。最後にはクワイヤが加わって、何ともいえません。オリジナルを聞いたら、Westlifeがお子ちゃまに聞こえます。
 
 曲をお聴きいただいておわかりのように、歌詞はもうめいっぱいゴスペル、クリスチャンソングで、あちこちのクリスチャンサイトで引用されています。

 You raise me up のYouあなたは、神様のこと。あなたが、僕を奮い立たせて(raise up)くれる。あなたが僕を励ましてくれるからこそ、僕は僕である以上に強くなれるという歌です。

 むろん、普通にyouを、誰か大切な人(恋人や、家族、子ども。。)とイメージを置き換えて歌ってもOKだと思いますが。

♪You Raise Me Up 作詞Brendan Graham  作曲Rolf Lovland

 When I am down and, oh my soul, so weary;
 When troubles come and my heart burdened be;
 Then, I am still and wait here in the silence,
 Until you come and sit awhile with me.

 You raise me up, so I can stand on mountains;
 You raise me up, to walk on stormy seas;
 I am strong, when I am on your shoulders;
 You raise me up: To more than I can be.

 You raise me up, so I can stand on mountains;
 You raise me up, to walk on stormy seas;
 I am strong, when I am on your shoulders;
 You raise me up: To more than I can be.

 There is no life - no life without its hunger;
 Each restless heart beats so imperfectly;
 But when you come and I am filled with wonder,
 Sometimes, I think I glimpse eternity.

 You raise me up, so I can stand on mountains;
 You raise me up, to walk on stormy seas;
 I am strong, when I am on your shoulders;
 You raise me up: To more than I can be.

 You raise me up, so I can stand on mountains;
 You raise me up, to walk on stormy seas;
 I am strong, when I am on your shoulders;
 You raise me up: To more than I can be.

 You raise me up: To more than I can be.


 本当は是非是非!!!オリジナルのSecret Gardenバージョンを聴いていただだきたかったのですが、Amazonだと視聴できないんです(涙)。YouTube には、WestlifeがSecret Gardenの演奏とコラボしているのは、あるのですが、ボーカルが違うし。。。
 
 ご家庭のパソコンに、iTunesが入っていらっしゃる方は、iTunesのミュージックストアで、Secret Gardenと検索していただけたら、You raise me upが視聴もできます。それに1曲バラ売り150円でダウンロードできます。
ペットボトル1本ぶんです!!実は私もここで買いました。(私は営業マンか?)

 Secret Gardenのは、視聴するとイントロが長いので、Brian Kennedy ブライアン・ケネディと検索していただいても、彼のバージョンのボーカルのYou Raise Me Upが聞けます。ただしこちらは伴奏が Secret Gardenではありません。
 
 先日TSUTAYAに行ったら、この曲のイタリア語バージョンが流れてきて、びっくり。イタリアの4人組、IL DIVO(イル・ディーヴォ)が歌っているらしいです。もう、すっかりブレイクしてますね〜。

 日本のゴスペルクワイヤの中でも、流行って欲しいと思ってます。それとももう流行ってるんですか?

-----------------------------------------------------------------------------

Celtic Womanによるカバー 荒川静香の演技映像と日本語歌詞訳がついているほか、彼女たちひとりひとりの歌いくらべや、Secret Gardenについても言及されています。(12/15現在 著作権抵触によりYouTubeより削除されました)

Westlife のMV (Westlifeは、メジャーなポップグループなので、お近くのレンタルCDショップにもアルバムが複数あるはず)
 http://www.youtube.com/watch?v=NMYHeXVWVbk

Josh Grobanによるカバー
(こちらが最も有名。彼が歌ったことによりこの曲はヒットした)
 http://www.youtube.com/watch?v=hv4G6wrPKQ0&NR
 http://www.youtube.com/watch?v=L4tVL1wwokw&search=You%20raise%20me%20up

♪You raise me upのピアノ譜
 http://www.7andy.jp/books/detail?accd=31703588


graceshinkai at 13:44│Comments(15)TrackBack(0)ゴスペル時事ネタ・人物伝 | ゴスペル雑記帳

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by Honey   December 03, 2006 19:04
イケメンでそして歌もステキ〜♪
"You Raise Me Up"詞も感動です。
早速お気に入りにさせてもらいました。
ありがとうございます。
歌ってみたいな〜♪
2. Posted by ロン   December 03, 2006 20:13
彼等の公式ページにMP3のサンプルらしきものありですよん(^^)
  ↓
http://www.secretgarden.no/fs_sight_sounds.html
「Once In a Red Moon 」のジャケットをクリックして、更に「tracklist, soundclips & linernotes」をクリックして見てくださいな。
3. Posted by ロン   December 03, 2006 20:15
いまやってみたけど音はリンク切れでしたね。
4. Posted by ひっきぃ♪   December 03, 2006 20:44
(顔じゃなくて)とわざわざカッコ書きなところに受けてしまいました(笑)
荒川さんのエキシビジョンで見た(聞いた?)時から気になってたんですよねー。メロディーがいいのかなー。なんか涙ツボをキューっとおされるカンジです。歌詞もステキですね。ワタシも歌ってみたいー♪
5. Posted by しんかい   December 03, 2006 22:39
>Honey様

>イケメンでそして歌もステキ〜♪

率直なご意見、ありがとうございます。機会がおありでしたら、Secret Gardenバージョンも是非です。

Westlifeは、このYou raise meが入っていない別のアルバムを一枚持っているのですが(我ながらミーハー)、やっぱり彼らは、CDで音だと今一つでございます。こういうアイドル系のグループは、やっぱり顔があってなんぼ、という感じでしたわ。
6. Posted by しんかい   December 03, 2006 22:42
>ロン様

調べて下さってありがとうございます〜。そうですね、Official HPのところの音源は、はやり私のパソコンでも音がきけませんでした。残念。

やっぱり、iTuneのミュージックストアあたりが、お手軽に聴けますね。
7. Posted by しんかい   December 03, 2006 22:46
>ひっきぃ♪様

>なんか涙ツボをキューっとおされるカンジです。

そうそう!そうでしょう!?
なんかこう、ありがちなメロディみたいな風だけど、「泣かせどころ」をばっちり押さえてますって感じでしょうか。

日本人が歌っても似合う曲ですよねえ!
8. Posted by はたぼー   December 04, 2006 15:51
初めまして。
べちゃんの友達のはたぼーです。

タバナクルの情報ありがとうございました。
先日ワークショップで楽しんできました。

今日はタイムリーな話題なのでのこのこ出てきました。
先日うちのクワイアでライブをやりましたが、その時に先生がこの曲を、ピアノで弾き語りされたのです。
「ゴスペルじゃないんですがね〜、詞がゴスペルなんです」っていいながら・・・

うちの先生はクリスチャンで、聖歌隊でも歌っている人なのです。日本のゴスペルクワイアでも、絶対はやっていますよ!!

ブログいつも楽しみにしていま〜す。
9. Posted by しんかい   December 04, 2006 17:20
>はたぼー様

初めまして!いやいや、はたぼー様のお話は、べちゃんさんから伺っておりましたんです。書き込みしてくださり、感激です。そして、ブログ読んでくださりありがとうございます。

>その時に先生がこの曲を、ピアノで弾き語りされたのです。

そうだったんですか〜!!なんて素敵なんでしょ♪もう流行ってるんですね。失礼いたしましたっ。でもこの歌は大好きなので、流行ってくれて嬉しいです。色んなクワイヤさんが、歌っていらっしゃるのを、聴きたいですわ。

お近くなので、いつかブログでなくリアルで?お会いしたいものです。ではでは。
10. Posted by 有紀   December 04, 2006 18:23
You raise me upがゴスペルと関係していたとは・・・
そんなこととはつゆ知らず、ただただ
好きで(しかもWestlifeのが)
結婚式で友人達にしっとりと歌い上げて
もらったのですが、これも日頃から
ゴスペルを慕う私の直感的なものだったのかも
しれません。

すごくおいしい情報を教えていただいて
得した気分です。
11. Posted by しんかい   December 04, 2006 23:41
>有紀様

はじめまして。書き込みありがとうございます。

>結婚式で友人達にしっとりと歌い上げてもらったのですが、

ご自身の結婚式でですか?それはそれは、たいへんナ〜イスな選曲で、さぞかし思い出深いお式だったことでしょう♪
Westlifeが歌ってるのを聴くと、ゴスペルというより、ラブソングですもんね。メロディがきれいだし、結婚式でもとてもマッチしたことでしょう。いやあ、いいですねえ。

当ブログ、またどうぞご来店くださいませ(^o^)
12. Posted by chiko   December 05, 2006 19:46
5 初めまして。イケメンにつられて・・伺ってしまいました。私達もゴスペルやっております。

良かったらいらしてくださいね。

EVERYDAY PEOPLE presents Gospel Live Meeting
CIRCLE OF JOY vol.5
+++
 半年に1回ペースで企画している、EVERYDAY PEOPLE の主催によるチャリティー・コンサートです。
このコンサートの為に結成されたゴスペル・クワイア CIRCLE OF JOY の歌声を、
三鷹バプテスト教会の素晴らしい響きの中でお楽しみください。
+++ 日 時 : 2007年1月20日(土)
14:30開場 , 14:45開演

会 場 : 三鷹バプテスト教会 ( 2F 礼拝堂 )
東京都三鷹市下連雀4−18−3
JR中央線三鷹駅南口より徒歩12分
入場料 : 1000円 (大人) / 500円 (小人)

出 演 : EVERYDAY PEOPLE, CIRCLE OF JOY
※公演の内容は、主催者の事情で急遽変更になる場合がございます。
13. Posted by しんかい   December 07, 2006 00:30
>chiko様
はじめまして。chiko様のページも拝見して参りました。多彩にご活躍、素晴らしいですね。

なにぶん私は関西在住なので、残念ながら今回は伺えませんが、このブログにおいでの三鷹近辺の方〜!!!いらして?ください。下連雀に以前友人が住んでいたので、なつかしい地名です。

>イケメンにつられて・・伺ってしまいました。
イケメンの写真をトップに飾って、ワンクリックを誘う作戦が見事にあたったでしょうか(冗談ですが)?
また、おいでください。
14. Posted by GUMBO   December 15, 2006 08:22
近頃ブラックも含めて流行モノ、チャートモノに
全く無知なボクなので、この曲もアーティストも
初耳でした。さびのメロディーは聞き覚えがあった
のはやはりフィギュアの影響?

でも美しいメロディーですね。
ケルト音楽ってなんだかとっても懐かしい気持ちに
させてくれます。ボクは日本人なのに(笑

イギリスの田舎を旅した時に車窓の風景を見ながら
「コレがイギリス人にとっての田舎の原風景なんだ」
って感じたけど、アイルランド人にとって心の中に
響いてる音の原風景はこういうものなのかな?
自分の中にはないもの・・・うらやましい。
沖縄に生まれたら、それもあったのかも・・・
なぁんて思ったりします(いつかは沖縄?)。

黒っぽくないモノは興味がないことが多いのですが
これは歌ってみたいと思わせる曲ですね。
15. Posted by しんかい   December 15, 2006 15:50
GUMBO様
いつも、コメントありがとうございます。

>さびのメロディーは聞き覚えがあった
>のはやはりフィギュアの影響?

この曲、私の所属するゴスペルの先生に言われて、なるほどと思ったんですが、♪ダニーボーイと、メロディーがすごく似てるんですね。だから、みなさま聴いたことがある、、、と思うのかもです。

>ケルト音楽ってなんだかとっても懐かしい気持ちにさせてくれます。ボクは日本人なのに(笑

本当に私もそう思います〜。ゆったりした中にせつない叙情的なところがあって、日本人の波長とよくあうんでしょうか?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔