December 10, 2006

ビッグになった女性シンガーたち

Gospel Soup (30)  ビッグになった女性シンガーたち

 例年12月といえば、忙しいながらもクリスマスを前に心躍る季節。そして、例年12月に我が家を訪れるもの。それは・・・サンタクロースと私の体重増加......。
 
 ん?体重増加は「訪れるもの」ではなくて、単なる食べ過ぎではないのか?
 
 さて、今回のブログタイトルのビッグになった女性シンガーというのも、有名(ビッグ)になった女性シンガーのことではなく、体がビッグにおなりあそばされたシンガー達です。

(影の声:自分が12月に太るからって、この記事はいったい?)
 
 まず最初は、Kierra "KiKi" Sheard(キエラ・キキ・シアード)。
 今年(2006/8)来日もしたそうですね。私はコンサート行っておりませんが、行かれた方々がどうやら一様に驚かれたのが、彼女がビッグだったことのようです。
 
Kiki 1 だって、今年発売されたアルバム『This is me』の日本版のジャケットがこれでございます。(米国版はまた違うテイストの写真です)。

 1987年生まれ。まだ19歳の美形。日本全国・世界津々浦々で、このジャケットを見ただけで、衝動「ジャケ買い」した人がかなりの人数にのぼるはず。

 でもKiKiが昨年、Soul Train Awards2005の際に、母親のゴスペル歌手Karen Clark Sheard(カレン・クラーク・シアード)と共にカメラに収まった写真がこちら
 右側の横方向ビッグな女性がKiKiです!。お母さんのほうが若い?。Kiki 2

最近の映像だとこちら(曲は♪Praise Offering、司会はCeCe Winans)
 
 もう、別人なみにビッグでございましょう
ここまで違う外見の違うジャケットを使うのは、なんだかなあ。
 
 日本だと彼女は、ゴスペルシンガーとしてじゃなくて、R&B系シンガー「キキ(KiKi)」として人気なんですってねえ。歌詞は120%ゴスペル。音はR&B系。近所のレンタル店にも日本オリジナル版のアルバム『Let Go』がおかれてます。

 でも『This is me』のほっそりした昔の彼女の写真をみていると、ゴスペルシンガーではなく、あくまで彼女を「美人若手R&Bシンガー」としてヒットさせたい日本のレコード会社の売り上げ戦略がちらりと垣間見えますねえ〜(笑)。
 
 この『This is me』は、12月7日のグラミー賞のノミネート発表で、ベストコンテンポラリー R&B ゴスペルアルバムのリストの中に名前があがりました!おめでとうございます。まだノミネート段階ですが、これでグラミーでもとれば、名実ともにさらにビッグ!

(ちなみに私個人的には、彼女がR&B色の強い歌を歌っているのは今一つ好きになれず、先程の映像にあった♪Praise Offeringのような、伸びやかな歌を歌っているほうが好きです。従って『This is me』は全曲一応、iTunesで視聴はしたものの購入しないまま今日に至っています。)

 
 次はおなじみMariah Carey(マライヤ・キャリー 1970年生)。
 以前はほんとに、声も肢体も美しかったですねえ(あらら、私ったら過去形で書いてる)。

Mariah 1


 


 去年ミュージック・ステーションに出ていた時、タモリの横でにこやかにしゃべっている彼女が、だいぶBigになっていて驚きましたが、最近はさらにBigに。
Mariah 2

 でも、彼女の歌声はやっぱり好きで、毎年12月になると、彼女のクリスマスアルバムをひっぱり出して聴いています。
 
 
 



 最後は、ソウルの女王Aretha Franklin(アレサ・フランクリン)。Aretha 1


 

 たしかつい数年前までは、「外見、全然変わらないなあ」と思っていたのですが。そして近年。。。。



Aretha 2
 
 でも彼女は1942年生まれ。もう64歳でびっくり。名実共にソウルの女王。今さら外見がどうのこうのの域ではなく、むしろ64歳で現役で歌っていることに、ひたすら敬意を表します
 

 ビッグなアレサ・フランクリンの映像。
 http://www.youtube.com/watch?v=koshAexeNpI
 http://www.youtube.com/watch?v=CnTEX28-p38

 ところで、以前からかねがね不思議に思っているのが、白人の方とか黒人の方がビッグになると、ちゃんとバストまでビッグになってるように見えるのはどうしてなんでしょ?

 そこだけ、ちょっとうらやましいなあ・・って、うらやましがってる場合じゃなくて、私もダイエットが必要です
 
<Kiki 2006年来日時の映像


graceshinkai at 21:14│Comments(18)TrackBack(1)ゴスペル時事ネタ・人物伝 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. Closer/Kierra "KiKi" Sheard  [ 本日の1曲目 ]   May 05, 2009 02:40
2004年にリリースされた1stアルバム『I Owe You』に収録。祖母はモダン・ゴスペルの礎を築いたDr. Matty Moss Clark、母親はゴスペル界の第一線で活躍しているKarren Clark Sheardという家系に育ったゴスペル・シンガー。もしかしたら、日本においてはゴスペル・シンガー[Kie...

この記事へのコメント

1. Posted by Shogo   December 11, 2006 07:10
原因は、確実に食いもんです。食う量というよりも、実際に食ってるもの。詳細は後ほどリポートします。
2. Posted by Shogo   December 11, 2006 10:22
私たち日本人からみると、彼らの食事はかなり偏っていると言わざるを得ません。フォーマル・カジュアルを含め、何度かアメリカ黒人宅に招かれた経験から申しあげますと、必ず出てくるのはチキンとチーズマカロニです。チキンは少しバリエーションがあって、煮込んだもの、グリルで焼いたもの、あるいは、外で買ってきたクリスピーな衣の付いた揚げたものがメインで、味付けは濃いめにしっかりとついています。チーズマカロニは、茹でたマカロニをコンソメで味付けして炒めそこにチーズがたっぷり溶かし込んである感じ。これもかなり濃厚な味です。そこにポテトやパンが加わります。とにかく、チキン、チーズ、ポテト、チキン、チーズ、ポテトの繰り返し。野菜はほとんどなし。ビッグになるのも頷けます。
3. Posted by Shogo   December 11, 2006 10:56
ちょっとフォローを。
もちろん、細い人たちもたくさんいます。でも、見ていると細い人たちは、自分たちのソウルフードに偏らず、何でも積極的(この姿勢が大事!)に食べている人が多いです。野菜サラダとか、シーフードとか好きな黒人(ニューヨークやサンフランシスコなど、大都市や海岸沿いの街に生まれ育った黒人はこのタイプも多い)は、食に限らず、考え方も、柔軟でおおらかですね。南部や南西部の田舎育ちの黒人は、極端にビッグになる素質を持っている人が多いです。この素質を持っていても、ビッグにならない人は、相当食の細い人です。毎日ブラックゴスペルを聴いていますが、食だけ彼らのようにはいきませんです。
4. Posted by しんかい   December 11, 2006 14:10
>Shogo様

詳細な食生活レポート3連弾!!ありがとうございます。

>チキン、チーズ、ポテト、チキン、チーズ、ポテト

う〜ん。ねっとりこってり高カロリー、読んでるだけで、胸やけしてくるのが、普通の日本人の感覚ですが、彼らの場合、年齢と共に、あっさり系の味覚になったりもしないまま、これが続くんでしょうね。

3.のコメント。そうですか〜。地域によっても有る程度、差があるんですか?存じ上げませんでした。勉強になりました。
5. Posted by ロン@ゴスペル   December 11, 2006 15:20
う〜〜〜〜ん、なんか特撮みたいですね(^^;

「スーパーサイズミー」みたいですねぇ・・・・。
   ↓
http://event.entertainment.msn.co.jp/supersizeme/
6. Posted by しんかい   December 11, 2006 16:51
>ロン様

>う〜〜〜〜ん、なんか特撮みたいですね(^^;
>「スーパーサイズミー」みたいですねぇ・・・・。

そう言われるともう、最後のアレサ・フランクリンなんか「特撮」で何か別のキャラに「変身!」した後にしか見えなくなってきますね〜(@o@)。

映画「スーパーサイズミー」。ああ、見てみたいです。でもきっと我が家の場合、夫から「男がマクドナルドで太るだけの映画だろ」と反撃をくらいそうな。。。
7. Posted by ロン@ゴスペル   December 11, 2006 18:36
コメント感謝です♪

「愛しのローズマリー」に近いかも(^^;
   ↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00006JIJX

この映画は・・・賛否慮論かも(^^;
8. Posted by おりょうちゃん   December 11, 2006 18:41
みなさん、確実にビッグになってますね〜。
日本でゴスペルを歌ってる人がみんな
(ではないけど)スマートなのをアメリカ人に
驚かれたって話を聴いたことがあります。
細くてもすごい声出す人いますもんね〜。
9. Posted by おっちー   December 11, 2006 22:52
しんかいさんこんばんは☆

ほほーーう
アレサ姉さんもすっかりビッグですなぁ(^^;)知りませんでした!

いやーーーそれにしてもこの季節…お腹が本当にやばいやばい(−−;)
お互い気をつけませう(^^;)
10. Posted by しんかい   December 12, 2006 06:03
>ロン@ゴスペル様

再びのコメントありがとうございます。
>「愛しのローズマリー」

存じあげない映画でした。なんだか、アメリカ映画には「肥満モノ」のジャンルでもあるんでしょか?
お気楽映画と割り切れば、これは楽しめそうですね(^^;
11. Posted by しんかい   December 12, 2006 06:08
>おりょうちゃん様

>日本でゴスペルを歌ってる人がみんな
>(ではないけど)スマートなのをアメリカ人に
>驚かれたって話を聴いたことがあります。

なるほど〜。こっちはビデオとかでアメリカのクワイヤみて「大っきいなあ!」って思いますけど、なるほどアメリカ人からみたら逆なんですね。

>細いけどすごい声だす人
あこがれるぅぅぅぅうううううう♪
12. Posted by しんかい   December 12, 2006 06:14
>おっちー様

>いやーーーそれにしてもこの季節…お腹が本当にやばいやばい(−−;)

んんん?おっちーさんはスリム長身とお見受け&想像??しましたがっ!?
12月〜お正月。ダイエットだけじゃなくて、ちゃんと体操(えくささいずっていうんですか?)しないといけないんだろうなあ、と思いつつ、運動の苦手な私です。
13. Posted by ひっきぃ♡   December 13, 2006 15:48
今年のkikiのライブに行きましたが、やっぱり登場時には、「ひぇぇ」と思いました。歌ったらサスガ!でした。でもああ見えて、かなり踊り上手かったですよ。それもブラックの血だからなのかしら?
客席にいたkarenンからは、何か光がピカーッと出てるようで、細くて美しかったデス。。。

彼女達のようにビッグサイズになれば、すげぇ声出るのかな・・・
14. Posted by しんかい   December 13, 2006 17:06
>ひっきぃ様

わーお。Kikiのライブいかれたんですね。しかも生キキ・生カレンの両方ご覧になったとは、素晴らし〜。

>でもああ見えて、かなり踊り上手かったですよ。
え?踊ったんですか(失礼ながら驚いてしまいました)。歌も踊りもできるなんて、やっぱりプロなんですね。

>客席にいたkarenンからは、何か光がピカーッと出てるようで、細くて美しかったデス。。。

私、この母Karenさんの顔がとても好きです。すごく知性的なすっきりした綺麗さがあって、かわいいなあとも思います。
15. Posted by おりょうちゃん   December 13, 2006 17:55
背が高いとかとにかく体が大きい方が
響いていいらしいけど、背はもう
伸ばせないので、私は横に大きくなるしか
ないかもです〜。
16. Posted by しんかい   December 13, 2006 23:37
>おりょうちゃん様
再び書き込みありがとうございます。

>背はもう伸ばせないので、私は横に大きくなるしかないかもです〜。

いやいや。以前、動物園に行ったらですね、なんという種類か忘れましたが、わずか身長80センチくらいのお猿さんが、動物園中に共鳴するような、怪鳥のような声を出してさけんでいました(笑)。

あまりによく「響く声」だったので、どうやって声を出しているか、ずーっと観察していたら、のど袋みたいに、のどを膨らませてそこを共鳴体にして、声を出しているんでした。
たとえ身長低くても(私は155センチです)、スリムでも(体重は内緒です)、のどをうまく使って、体のどっかに共鳴させればいい声になるんだろうなあと、みょーに感動して、それ以来、信じて期待しています。
17. Posted by GUMBO   December 14, 2006 01:44
ボクはあるソウルバーでアレサの曲を他の大物ソウルシンガー達が歌うというショーの映像を見ました。
時々客席にいるアレサが写るのですが、ボクの
太股よりはるかにふとい二の腕がアップになった
時は思わず食欲がなくなり目をそらしてしまいました。

安もんのハムみたいなんやもーん!
18. Posted by しんかい   December 14, 2006 09:18
>GUMBO様

>ボクはあるソウルバーでアレサの曲を他の大物ソウルシンガー達が歌うというショーの映像を見ました。

その元々の映像、すごく面白い企画ですね♪アレサ本人目の前にして、アレサ当人の歌を歌うって、ひゃあ緊張しそう〜。その姿を、どっかり・でっぷり客席から、満面の笑みをたたえて見守るアレサ。きゃあ〜!すごい構図。

でもGUMBOさん、細身でいらっしゃるでしょ。私の二の腕でも、GUMBOさんの太股とタイマン張れますことよ。おほほ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔