December 24, 2006

クリスマスに歌って欲しいラブソング

Gospel Soup (32)クリスマスに歌って欲しいラブソング

Merry Christmas!

 早いものでクリスマス・イブになりました。ようやく私も仕事が一段落して、クリスマス曲を聴けるようになりました。でも好きなクリスマス・ソングは、もうたくさんありすぎて、ブログで選ぶにも選べず、今回は個人的な好みで「クリスマスに歌って欲しいラブソング」というお題で一曲。

と、その前に。season of sharing

 Christmas is a time of giving and sharing

アメリカのクリスマス・シーズンを表すフレーズとしては、もはや手垢がついた部類かもしれませんが、それでもこのことばを聞くと、いつもいいなあと思います。

Christmas is a time of giving and sharing
 クリスマスは、誰かに愛情や感謝や贈り物を与える(giving)時。
 そしてそれらをわかちあう(sharing)時。
 
 夫の仕事の都合で、アメリカにいたのは1997年〜2001年。子どもが幼稚園からもらってくるこの季節のクラス便りにも、毎年、この種のことばがのっていました。子どもたちが、クリスマスにプレゼントをもらうこと(receiving)だけに執着しないよう、この季節がgiving and sharingの時期であることを、子どもたちに教えてください!という幼稚園からの、お達し文です。
 
 もちろんアメリカのクリスマス商戦も、日本とたがわず十分クレイジーですし、それでも根底にこのgiving and sharingの精神が流れていることを、随所で感じました。みなそれぞれに自分の思いで寄付をしたり、なにがしかの善意を誰かに表そうとする季節。
 
 そして、当時ヒットしていたクリスマスソングに、Backstreet Boys♪Christmas Timeがありました。
 
 Backstreet Boys;アメリカのアイドル男性グループ5人組(また、ゴスペルじゃないけど、今日は思い出話です)。ちょうど2000年前後は、彼らの人気の絶頂期で、その人気は低年齢の子どもにもおよんだとみえて、バーガー・キングの子ども用ハンバーガーセットのおまけにまで、彼らのグッズがついたのをみて、驚いたものです(普通は、キッズセットのおまけは、アニメや映画のキャラクターおもちゃ)。
 
 私はバックストリート・ボーイズ自体は、全く好きではないのですが(きっぱり)、この♪Christmas Time('96)という歌だけは、耳に残っています。日本でも流行ったのでしょうか??メガヒットまでは至らなかったのでしょうが、街でもたまにきこえてきます。

♪Backsteeet Boys  アカペラ映像
 http://www.youtube.com/watch?v=aJVfZ_g568s
 
Backsteeet Boys ♪Christmas Time全曲 
 http://www.youtube.com/watch?v=pMu5uFsbqSA&mode=related&search=

 (ブラックゴスペルを聴きなれた耳には、ちょっと子どもっぽすぎる音と映像でしたでしょーか?)

 歌詞のベースは、クリスマス讃歌みたいなラブソング。

 男性がクリスマスで、久々に実家に帰って、恋人と会って、公園で雪の中、そり遊びなんかしちゃって、キスしたりして、もう歌詞のあちこちが、「正しい恋人たちのクリスマスの過ごし方」満載な、アイドルグループらしい歌。

でもその歌詞の一節に、
 Christmas time  クリスマスの季節
 Time to share our love  僕たちの愛を分かち合う時

という箇所があって、ここのサビ部分が妙に私は好きです。

 恋人たちが愛を分かち合い、そして人々も愛を分かち合うクリスマス。
あらま、こうやって日本語で書いてみると、なんてベタなんでしょ。

 でも、クリスマスに、家族や友人がより集い、旧交や愛情を分かち合うという、良きクリスマスの情景が目に見えるような歌じゃありませんか?
 
 私は、せっかくいい歌なんだから、是非ともこの歌を、(バックストリート・ボーイズではなく)ゴスペル歌手が大人っぽくカバーしてくれないかなあと、思っているのですが、どんなもんでしょうか。もしすでに歌っている歌手がいたら教えてください。
 クワイヤと男性のリードで、うまくかけあったら、なんかこう、すごくいい感じになると思いませんか?

 有名なクリスマスのラブソングは、失恋の歌も多いですよね。Wham!の♪Last Chrismasも、山下達郎の♪クリスマス・イブ〜きっと君は来ない〜も、辛島美登里の、サイレントイブなどなど。。
 でもこの♪Christmas Timeは、現在進行形のラブソング。
 
 というわけで、現在恋人がいらっしゃるゴスペルシンガーの皆さま、もしくは今年のイブこそ、恋人に愛を告白したいというゴスペルシンガーの皆さまは、いっちょ、この歌を彼女の前で熱唱してみるのはいかがでしょうか?

 私(が独身)なら、なびきます
 
 ・・今回のブログ、出だしは「ちょっといい話」風だったのになあ、だんだんお下品になってきましたわ。
 
 それでは、皆さまもどうぞ素敵なクリスマスをお迎えください。
 
 <Christmas Timeの全歌詞>

http://www.azlyrics.com/lyrics/backstreetboys/christmastime.html
 
 <Christmas Timeが所収されているクリスマスオムニバスアルバム>
クリスマス・ストーリー  

クリスマス・タイム 

graceshinkai at 00:35│Comments(6)TrackBack(0)ゴスペル雑記帳 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by べちゃん   December 24, 2006 10:39
バックストリートボーイズ!
娘達もまるでスマップのように、ファンでした。写真まで持ってました。

私は今でも、ベスト盤聞きますよ。しんかいさん、いまいち?

日本だとクリスマスシーズンに「メリークリスマス」って言い合えないのが寂しいですね。それは、行事としてのクリスマスだもんね。

でも、恋人たちは、クリスマスですよね〜。私はもう遠い昔ですが。

Merry Christmas to you!
2. Posted by hana   December 24, 2006 14:12
懐かしいですね、バックストリートボーイズ!

私はこの手のアメリカ・ボーイズグループは日本のジャニーズと一緒で、グループ名もごっちゃになるし、何人いるかもわからないです・・・

でもこのあいだカナダ版「めざましテレビ」みたいなのをみていたらたぶん元バックストリートボーイズと思われる男性がゲスト出演していました。
今はミュージカルCHICAGOで歌ってるらしく、なかなかきまっていました。

日本のアイドルと違って、アメリカのアイドルは歌えるアイドルというきがしますねー。

日本ではクリスマスって恋人のため、って感じがかなりしますが、こっちではクリスマスは家族のため、という感じがしますね。

3. Posted by しんかい   December 24, 2006 18:30
★べちゃん様

娘さんたちが(かつて)ファンで、べちゃんさんもバックストリートボーイズ「ベスト盤」聴かれるんですか!それはそれは!なんてったって、正統派アイドルですもんね。いやあ〜、私はもう少しこう、ブラックな感じとかのグループが好きでして。たはは。しかしべちゃんさん、守備範囲がお広い!もしかして、日本のジャニーズ系も詳しいですか?

どうぞ、よいクリスマスをお過ごしください。
4. Posted by しんかい   December 24, 2006 18:37
★hana様

>バックストリートボーイズと思われる男性がゲスト
>出演していました。
>今はミュージカルCHICAGOで歌ってるらしく、な
>かなかきまっていました。

今でも、バックストリートボーイズ健在なんですね!たいへん失礼しました。(今回のブログは、なんかもう過去の遺物みたいな書き方をしてしまいました。)私も、アイドル系は顔の区別がなかなかつきません。

>日本ではクリスマスって恋人のため、って感じ
>がかなりしますが、こっちではクリスマスは家
>族のため、という感じがしますね。

そちらでは、クリスマスと感謝祭は家族と過ごして、新年のカウントダウンは友達や恋人と??でしょうか。どうぞhanaさんも、素敵なクリスマスをお過ごしください〜。
5. Posted by はうぃー子   December 18, 2007 10:10
Backstreet Boysは今も素晴らしい歌声とハーモニーを聴かせてくれる、世界的に素晴らしいボーカル・グループですよね。その彼らの昔の可愛らしいクリスマス・ソングを紹介してくださりありがとうございます。この頃は確かにちょっと子供っぽい感じですよね。あれから数年たち、声に深みと厚み、素晴らしい表現力を兼ね備えた彼らですから、新しいクリスマス・ソングを歌って欲しいな、とも思います。日本のクズ・お笑いグループのSMAP、ジャニーズと混同されるなんて、うせっかくいい耳をしてるのに、おかしい間違いですね(笑)。きっと何かの冗談ですよね。
6. Posted by はうぃー子   December 18, 2007 10:10
確かに日本にはBSBの比較対象となるような素晴らしいボーカルグループが存在しないので、SMAPがくだらないグループだと知らなかったのかもしれないですが、冗談ではありません!BSBはバカにされるようなアイドルではなく、素晴らしいアーティストです。きっとこれからも彼らはいい歌を歌い続け、世界中に愛を届けていくでしょう。そして、歌い継がれていくでしょう。あなたの耳が正しく成長する事を祈りますあーめん♪

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔