May 02, 2008

ゴスペル「でる単」rejoice (動詞)

Gospel Soup (68)   ゴスペル「でる単」rejoice (動詞)
 
 高校時代の国語の授業中、「(なぎ)」ということばが出てきて、教師が黒板に凪と書いた。いつも頭髪を逆毛だてて、眉まで剃り込んでいる一人の男子生徒が、
 「あ、俺、凪っていうことば、何かしらんけど前から好きやねん。漢字もええし、『なぎ』っていう音もきれいやん」

と言った。あまりに本人の見かけから想像できない叙情的な発言が出てきたので、教師もクラスのみんなも、一瞬、びっくりしたものの、「そうだねえ、凪ってきれいだよねえ」と納得して、皆、しーんとして黒板の文字を、しみじみ眺めたことがあった。
 
 海岸で、風の流れが止まって、波がおだやかになった瞬間が、凪。黒板にチョークの一文字で、教室の空気までが、一瞬「凪」の風景になったことを今でも、よく覚えている。
 
 日本語でも英語でも、何だか妙〜に好きな、単語というものがある。ゴスペル音楽に出てくるのは、明るい単語が多いから、どれも好きなのだけど、とりわけ私が妙〜に好きなのが、rejoice(リジョイス!喜ぶ。喜ばせる)という動詞。この単語も、あたりの風景を変えてしまうような力がある。

 凪という単語が、それだけで「静」を、イメージさせるなら、rejoice!!!!!(喜びなさい)は、それだけで、満ち足りた躍動感がある。暗い心も、いやでもjoy(ジョイ)へと向けさせるような、ヨロコビ感へ誘う単語の響き。このre(大いに)-joice(喜ぶ)という音の、心のベクトルまで上向きにさせるような、「俺についてこい!幸せにしてやる」みたいな強引さが好きなのである。
 
 ♪Oh! Happy Dayの中でも、♪rejoicing day〜 every day!!の所が、妙に好き。イズラエル・ホートンが歌う、Rejoice in the Lord always And again I say〜も気持ちが高揚するが、これは、新約聖書の
「主において常に喜びなさい。重ねて言います。喜びなさい。」(フィリピ4:4)を、そのまま歌にしたものだ。
 
 ♪Again I Say Rejoice 音源: http://jp.youtube.com/watch?v=nmzygXtbSSI
 
 私にはこんなことを語る資格はないのだが、ゴスペル音楽・聖書に出てくる「喜ぶrejoice」「喜びjoy」という単語は、単純な喜怒哀楽の一つとしての喜びよりも、もっと大きな歓喜の概念なのであろう。クリスチャンの人はこれを、霊的よろこびと言ったりするが、心が満たされた喜び、生きていることの感謝がわき起こる喜び。
 
 そして楽しい時、うれしい時に、ケーキを食べた時に喜んでいるのはあたり前。たとえ辛いことの中にあってさえ、たえず喜びなさい「rejoice」というのは、聖書のバックボーンのひとつである。悲しみに寄り沿うような癒しの歌もいいが、心が暗い時に、曇りを蹴散らすような力強い、喜びなさい!という言葉は、ゴスペル音楽にとてもよく似合う。
 
 私たち凡人の心は、常に揺れ動くけれど、先の「重ねて言います。喜びなさい。」も、「いつも喜んでいなさい(Rejoice always)、絶えず祈りなさい、どんなことにも感謝しなさい」(テサロニケI 5:16)のフレーズも、キリスト自身の言葉ではなく、迫害にあいつつ、生涯苦難の伝道を続けたパウロから出た、喜びと信頼の言葉であることを知るとき、私たちは思わず頭を垂れずにはいられない。

graceshinkai at 01:40│Comments(15)TrackBack(0)ゴスペル雑記帳 | ゴスペルでる単

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by りえ   May 02, 2008 03:38
「凪」という言葉は私もすごく好きです.
漢字で書くと日本語の奥深さを感じるし,言葉の響きとしてもすごく素敵な感じがする.
実際の「凪」という状態も物凄く神秘的な気がするよね.

英語で「凪」ってなんていうの?


ゴスペルを歌ってるときいつも思うのは,英語がもっと分かったら,聖書をもっと知ったら,全然違う風に歌えるようになるんだろうなってことです.だからってなかなか勉強するには....なのでこうやってしんかいブログでいろんなことを学べて感謝してます.

今日もいっこ覚えた「rejoice」いい言葉だねー

いつもありがとう
2. Posted by bechan   May 02, 2008 09:08
りじょいす、なんですね。使ったことないです。
つらい中でこそ、喜びを見いだせよ、っていう強い励ましのことばなんですね。
ほんと、そうだなぁ。
不味いもの食べさせられても、
「食べられるってだけで幸せだよね〜」みたいな。
物価高だからそう思うけど。
3. Posted by shinkai   May 02, 2008 11:41
☆りえ様

いえいえ、私もゴスペルのことが、よくわかっていないので、あれこれ調べているのでした〜。

>英語で「凪」ってなんていうの?

いきなり難しい質問〜
凪=lull(ラル)という単語が一応、あるようです。 lullは、一時的な静止・凪。気持ちを和らげる・静めるもの(音・歌)、〜なだめて寝かしつける。lullって、英語だと情緒がないみたいに思えるけど、子守歌のララバイlullabyも、ここから来てると感じると、ちょっとなんか、ゆったりしていて良い感じだね〜♪
4. Posted by shinkai   May 02, 2008 11:50
☆bechan様

>不味いもの食べさせられても、
「食べられるってだけで幸せだよね〜」みたいな。

一瞬、この頂いたコメントを夫にみせようかと、思いましたが(笑)、いやそれより掃除ヘタ・裁縫ヘタで、50年前に生まれてたら、確実に主婦失格でもらい手がいなかったであろう私が、夫に食べさせていただけるだけでありがたいと、思わなくちゃいけないんでしょうね。

それにしても、物価高は感じます。何だか、じわじわっと高くなってきましたね。
5. Posted by hatabo   May 02, 2008 21:23
お久しぶりです!

rejoiceと言えば、私はタバナクルのBE GLADを思い出しました。
結構好きで、晩ご飯を作りながら
「let us rejoice and be glad〜」
って大声で歌って、子どもに「またや・・・」
と言う目でみられています。

気がつけば歌ってるからしょうがないんです。
6. Posted by shinkai   May 04, 2008 07:55
☆hatabo様

ご無沙汰して〜おります。コメントありがとうございます!そうですね!!!私もブルックリンは、大大大好きで、Be Gladも明るくて大好きです

hataboさんも、晩ご飯つくりながら、歌う方なんですね〜。私もそうなので、とっても親近感を覚えてしまいました。我が家の子どもも、あきれているというか、あきらめているというか。。。。
7. Posted by Shogo   May 05, 2008 02:04
5 前回の「奇跡は我が身に」もそうでしたけど、グレースさんが言葉について語ると、その文章からオーラが放たれますよね。グレースさんの、ひとつひとつの言葉に込められた思いが、卓越した言語センスと、深い洞察力によって表現されるとき、その言葉にはまるで新しい命が吹き込まれたが如く力が宿ります。今回のブログは、ずっとトーンがぱしっと決まっていて、前回のイケメン遭遇時のくしゃみやスーパーのチラシのような茶化し系のフレーズのフレーズがなかったので、終始、美しさが保たれていて、何度も読み直しました。素晴らしいブログをありがとうございました!
8. Posted by Shogo   May 05, 2008 02:06
↑ 「フレーズ」がダブってしまいました。。。
9. Posted by shinkai   May 06, 2008 19:11
☆shogo様

コメントありがとうございました。このコメント、いったんアップされると管理人しか、訂正削除ができなくて、面倒ですみません。ブログに対する過分なオホメのことば、ありがとうございます。で、

>前回のイケメン遭遇時のくしゃみやスーパーのチラシのような茶化し系のフレーズのフレーズがなかったので、

あはは。関西人の私は、どうにもこうにも、ところどころ蛇足みたいな茶化しをいれてしまうんでした〜。すみません。今後、やはりワタクシ「格調高い路線」で書かなくちゃいけませんでしょか?
10. Posted by ゆきぞお   May 18, 2008 00:07
記事が投稿されてから、日にちが経ってしまったんですが、イズラエル・ホートンのこの曲大好きなのでコメント書かせてもらいました。

クワイヤの練習に顔を出していた小2のムスメも、英語が全然分からないのに、門前の小僧でAgain I Say Rejoice大好きなのです。

この曲と歌詞には、しんかいさんの言うところの「心のベクトルまで上向きにさせるような」パワーが感じられますが、ムスメの幼い感性にも響くところがあるのかもしれません。

「rejoice」深い言葉です。
気持ちが凹みそうなときに、この言葉を思い出せるように、壁に貼っておきたいくらい(笑)
11. Posted by shinkai   May 18, 2008 00:42
☆ゆきぞう様

ご無沙汰しています。コメントありがとうございました?
小2のお子様がいらしたんですね!?Again I Say Rejoice歌っうって、本当に素敵です。私の所属しているクワイヤは、母親たちのクワイヤなので、こちらでも小さい子ども達がハッレルーヤとか、歌っていてとてもかわいかったりします。子ども達ののツボにはまりやすい曲とかもありそうですよね。

>「rejoice」深い言葉です。
気持ちが凹みそうなときに、この言葉を思い出せるように、壁に貼っておきたいくらい(笑)

あは〜。いっそ毛筆の達筆で、rejoiceとか(笑)。いいかも〜
12. Posted by juju   May 20, 2008 20:20
リジョイス薬局ってありますよねぇ。。。

なんだか奥深いネーミングに思えてきました。
店名決めた人エライ!
13. Posted by shinkai   May 22, 2008 10:48
☆juju様

コメントありがとうございます。読んでいてくださって、嬉しいです。リジョイス薬局!!?初耳でした。チェーン店でしょうか?近所にないのですが、店名決めた方、ナイスですね。
我が家の近所には、「シャローム・ザ・ロード」というお寿司屋さん!!があります。きっと店長さんがクリスチャンの方か、ゴスペル好きとおもわれます。一度いかなきゃ。
14. Posted by たかちゃん   October 05, 2009 20:43
はじめまして(*^_^*)
アナログ婆の私が、何故だか辿り着いた、あなた様のブログ。。
時々、気持ちが萎えた時など、お邪魔すると、
不思議な位、リラックスします。
私は、gospel大好き!で、groupに所属し、あちこちで歌ってます。
でも、そんな私でも知らない沢山の事を、あなたから教えて頂いて、本当に勉強になります。
文章も知性あり、笑いありで、訪れる度に関心しています。
どうやら、御歳も近いようで、これまた嬉しい(^^)
soweto。。。
所沢のに行きます!
楽しみです(*^_^*)

15. Posted by shinkai   October 06, 2009 12:17
☆たかちゃん様

こんにちは。初めまして。ブログを読んでくださり、さらに書き込みまでありがとうございます。

過分なお褒めことばをいただき、恐縮です。ありがとうございます。

お年も近い!?あらあら、どこでバレたんでしょう(笑)。ソウェトの公演に行かれるとか!それはそれは嬉しいです。私は関西在住ゆえ、全公演は行けず、川口公演のみ参ります。

お会いできなくて残念ですが、それぞれの会場で、ソウェトを楽しめたらと思います。
また、ブログにもお越しくださいませ。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔