August 30, 2010

SMSコンサート行ってきました

Gospel Soup (99)SMSコンサート行ってきました
 
 Gospel Music Gumbo(ゴスペル・ミュージック・ガンボ)
 真夏・酷暑の大阪。毎日毎日晴れてどれだけハレルヤ!みたいな、8月21日。夕方5時開演で、終わったのが8時半近く。いや〜、本当にゴキゲンな、まるで夏祭りみたいな、ゴスペルとリズムの大競演でした。

 コンサートタイトルのGUMBO(ガンボ:もともとはオクラのこと。アメリカニューオリンズ名物の具だくさんスープ)が示す通り、南部の香りたっぷり具だくさん。いろんな具(お一人お一人や、クワイアやグループや歌)があり、それぞれの食材がそれぞれにおいしい味と香りを放ちつつ、混ぜ合わさって、なおかつ全体として「おいし〜っ!」。これでもか!これでもかのフルコース。古いゴスペルあり、ニューオリンズ南部のゴスペルあり、アフリカンゴスペルあり、南アフリカのプロテストソングあり。レゲエあり。バハマのゴスペルあり。バンドあり。ブラスバンドあり。ジャンベあり。ホイッスルあり。。。。。

 最後は「舞台も客席も、さらに混ぜたるぜ!状態」な、音のるつぼ。お皿も鍋もハコも、やんややんやとスプーン・おたまで混ぜ合わせ、食べたことない味たくさん♪また食べたくなるんだろうけど、きっと同じ味は、今宵今夜一度きり。

 「どや!こんな味、こんな曲、食べたことないやろ。おいしいやろ!?ここでしか食べさしたらへんで!ようけ食べていき!」

 そんな主催者・出演者の方の心意気を感じるような、夏の豪華なゴスペル・スープの大祝宴。そうそう、まさに、これは生きている喜びあふれる夏の「祝祭」でした。

 黒にゴールドの衣装がキラキラで元気な摂津ファミリークワイアさん。ニューオリンズ風の楽しい「夢ブラス・バンド」。赤いスーツがトレードマーク、ゴスペルの歴史をあらためて感じるブラザータイスケさんのクワイア。そしてジャンベグループ「わさわさ」さん。
 そして生徒さんが200名いらっしゃる中で今回は90名出演のBee芦原さん率いるSMSさん。今回のステージのためにメンバーの中からジャンベ隊を作ったというのがこれがすごい!きっとすごくいっぱい練習なさったんでしょうね。

 そして90名の皆さんがアフリカのカンガ風の衣装で、舞台に立って歌った最初の曲が、

Hlonolofasta(♪ショノロファツア/ソト語。南アフリカのSoweto Gospel Choirバージョン)。

 もう、最初のイントロのコーラスを聴いただけで、ぞわぞわ。ゾクゾク。
 大群衆(すんません)が、大地に足をつけて、コーラスが沸き上がってくる!沸き上がってくる!男性バスとテナー、女性2声のかけあいの面白さ。ジャンベのリズム。音声サラウンド状態の大賛美。ううう。たまらーん。ぜいぜい。踊りたい〜。

 マイルス・デイビスは
「誰かの演奏を聴いて足踏みしたい気分になったり、背中までぞくぞくする感じがあれば、 それがいい音楽かどうか誰かに尋ねるまでもない。いつだって感じるんだよ。」
と(本人が言ったかどうか真偽はあやしいが)言った、らしいですが。そう!そう!それです。それ。

 続いて歌われた♪I bid you goodnightも、大好きな曲。H先生のリードがとっても素敵。

 つくづく、今回のコンサートは、アメリカのゴスペルに限らず、ラテン系もアフリカも、国境越・縦横無尽。ブラザータイスケさんのグループは、古い歌も歌われて、時間軸無制限。アメリカの黒人がかつて歌った歌、世界各地の人が歌っている歌が、辺境の現代日本で、新しい命を帯びて、歌い、祝されて、エネルギーのうねりを作っていくのが不思議でした。

 今回のコンサートの曲を聴きながら、つらつら考えていたのが、コンサートのいろんな歌の歌詞のあっちこっち出てきたburden(重荷)

 例えば、アンコールで歌われた♪Down by the riversideでは、Gonna lay down my burden, down by the riverside「さあ、私の重荷を置いて、河原で休もう」と歌っている。

 もちろんこれは聖書に「疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。」という聖句があるから出てくる歌詞なのでしょうが、何かこう何かこう、そう本当に肩が軽くなったようなコンサートでした。きっと、いろんな人が重荷を一瞬でも置いて(あるいは人によっては、重荷を投げ出して)新しい体になってコンサート会場をあとにしたことでしょう。

 余談ですが、帰りの電車の中で、色んな曲が頭の中でぐるぐるして、いろんなコンサートの場面もぐるぐるして、お酒も飲んでないのに、ぐるぐるぐるで「とにかくハレルヤ」と、自分に結論づけて爆睡。

 翌日から熱が出て、さらに翌々日は人生で初めて(!?)39.7度まで熱が出て、ずっとぐるぐる。熱が下がったのが、5日後。んんん何か、体が活性化してしまったんでしょうか。恐るべしSummer Gospel Music Gumbo!本当に楽しかったです。ありがとうございました。

<Hlonolofatsa> ソウェトゴスペルクワイアのバージョンがネットになく残念ですが。




graceshinkai at 00:03│Comments(6)TrackBack(0)ゴスペル雑記帳 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by BEE@S.M.S GOSPEL CHOIR   August 30, 2010 02:07
しんかいさん、レポありがとうございます!
楽しんでいただけたようでうれしいです。

中盤に書かれているDOWN BY〜。さすがしんかいさんやなぁ。
結構僕の中ではあの曲も重要なテーマの一つでした。

RIVERは聖書の中でも聖なる場所とか、信仰そのものを表す言葉で、
今回のS.M.Sでも「ゴスペル歌うときはクリスチャンとか
ノンクリスチャンとかそんな迷いは一切足元に置いて
開き直って神様に向き合え!」っていうのが最重要課題でした。

あとはいろんな音楽が出てきたけど、内容はどれもシリアスな歌詞で
だからといってシリアスに歌うのではなく、それがレゲエならレゲエ、
アフリカンならアフリカン、躍動するビートに載せて歌う以上は
音楽の良さを損なうな・・というのも最重要でした。

ぼくらは単なる語りで伝えるのではなく、音楽という手法を通して
人にメッセージを届ける郵便屋さんみたいなもんだから
音楽の持つ力を全力で出し切ることに注力したい。

そんな真夏の祭典でした。ちゃんと届けれてましたか?
2. Posted by shinkai   August 30, 2010 06:39
☆BEE様

なんと!コメントありがとうございます!ええ、本当に楽しいコンサートでした!!ありがとうございました。

コメントを拝読してびっくりしたのが、あれだけたくさん曲があった中で、♪DOWN BY〜が、重要なテーマの一つだったということ。アンコールの中でメドレーのトップみたいに、それこそ「軽やかに楽しく」歌われていたので。でも私の中では、コンサートの中で一番伝わったメッセージだったからです。自分もノリノリ踊りながら「そやな、そやな。うーん。でも私はburden置くのとか、投げるの下手やわあ。せやけど、置くのもアリやな。そやな。そやな。」と思いながら聴いてました。

客席のほうだけでなく、歌われる方も「いっさい足元に置いて」の歌だったから届いたのかもしれません。

>「躍動するビートに載せて歌う以上は音楽の良さを損なうな」

ううう。はい。私も歌う時、心いたします。

それでは、また。まだ暑い日が続きます。どうぞご自愛ください。
3. Posted by りえ   August 30, 2010 08:27
おー、いってきたんやね♪
私もいきたかったなー。

ZANさんの写真見ただけでわくわくしたもの。
会場にいたら・・・すごかったやろうなー。
行けなかったことがとっても悔やまれます。

そしてHlonolofasta!!
私らも今度のライブで歌うやん。
さすがBEEさん!選曲センス大好き。

90人のHlonolofastaかぁ・・・すごいなぁ。
私ら7人でやるから全然違った感じになるかな?

>「躍動するビートに載せて歌う以上は音楽の良さを損なうな」

BEEさん、ありがとうございます、私も心いたします。

4. Posted by shinkai   August 30, 2010 09:11
☆りえさん

はい〜。行ってきましたよ。めちゃ楽しかった。

それでそれで、そやねんな。Hlonolofasta。肝心の自分たち、私らも練習中やねんな(笑)。こんなマニアックな曲、選ぶ人、jujuさんしかおらへんわあと思っていたら、今回SMSさんでも歌っておられて、実は大びっくりでした。いい曲は、やっぱりいいねえ。

7人は7人なりに、♪Yo yo yo〜、いいHlonolofastaにいたしましょう
5. Posted by Shogo   September 02, 2010 03:06
http://www.youtube.com/watch?v=jsJOGe4AH5s&feature=related

Soweto バージョン、替え歌で、
Welcome Stevie Wonder と歌ってます。

6. Posted by shinkai   September 02, 2010 09:33
☆Shogoさん

拝見しました!そうでしたか、マンデラデーの映像の中にソウェト版があったのですね!ありがとうございます。

あ、本当だ。♪Iyoyoyo Stevie Wonder!って歌って、Stevieが入ってくるんですね。おもしろーい。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔